コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

【インタビュー】クラウド型電子カルテの信頼を支える、「3 省 3 ガイドライン」への対応リファレンスを公開する意義 

クラウド型電子カルテの普及を阻害する大きな要因のひとつが、クラウドでセンシティブな医療データを扱うことへの「漫然とした不安」だ。現状を打開するため、きりんカルテシステムは 2019 年 7 月に、「3 省 3 ガイドライン」のうち医療情報を扱うクラウド サービス事業者が準拠すべき経済産業省と総務省のガイドラインへの対応リファレンスを詳細に公開した。...

続きを読む

【座談会】山口県のへき地医療の現状と取り組み 

山口県立総合医療センターへき地医療支援センターの原田昌範センター長をはじめ、中嶋裕氏、宮野馨氏、横田啓氏の 4 人の医師と、クラウド型の電子カルテを提供するきりんカルテシステム代表取締役の山口太一氏が、へき地医療の現状や取り組みについて語り合った。...

続きを読む

RPA で作業時間の 99 % 自動化も! NTTデータがリードするホワイトカラー革命 – 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 

最近話題の RPA (Robotic Process Automation) は、ソフトウェアで業務を自動化する仕組みで、人手不足の打開策の 1 つとして注目を集めています。RPA のツールは海外製も含めて多数ありますが、その中で高い支持を得ているのが株式会社エヌ・ティ・ティ・データ (以下、NTTデータ) も提供する国産 RPA ツール、WinActor です。...

続きを読む

「オンプレのスパコンしか使ったことがない」研究室における HPC のクラウド化を支援する ISAO のクラウド 活用支援サービス 

高度な演算処理を必要とする大学の研究室の多くではオンプレミスの専用 HPC サーバー、スーパーコンピューターが使用されています。しかし、肝心なタイミングで借りられない、処理速度が課題という声もよく聞かれます。このような、大学の研究室における HPC 利用の課題を解決する「クラウド活用支援サービス」を提供しているのが株式会社ISAO です。研究開発の現場によく見られる課題と、同社のクラウド マネジメント サービス「くらまね」について、詳しくお話しをうかがいました。...

続きを読む

内閣サイバーセキュリティセンター (NISC)「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」に対する マイクロソフト クラウド サービス (Microsoft Azure, Office 365) の対応リファレンス 

NISC は 2016 年 8 月 31 日に、国内の政府機関が準拠すべき指針「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準 (平成 28 年度版)」(以下:「政府統一基準」) を改定し、クラウドの選定および利用の際のガイドラインやセキュリティ要件等の基準を追加しました。本リファレンスは、国内の行政機関および独立行政法人などに向け、Azure 及び O365 クラウド環境における改定後の政府統一基準の要件整理の考え方や必要となる情報、項目ごとの詳細な対応策を提供しています。...

続きを読む

コミュニケーション基盤を Microsoft 365 に刷新 - デジタル変革を推進する渋谷区の挑戦 

渋谷区は、2016 年「渋谷区基本構想」を制定し、20 年後のビジョンの実現に向けた、区政運営の改革を断行しました。この取り組みの一環として、デジタル ワークスタイル変革を推進するにあたり、2019 年 1 月の区役所庁舎移転に伴い ICT 基盤を刷新しています。...

続きを読む

『The Future Computed: AI と製造業』 

本日、マイクロソフトは、『The Future Computed: AI と製造業』(The Future Computed: AI and Manufacturing:英語) を公表しました。本書では、人工知能 (AI) がデジタル業務の最適化と効率の向上、新しい製品やサービスの実現、より安全な職場環境の整備により、製造業の分野をどのように変革していくかを詳しく説明します。...

続きを読む

地方自治体におけるデジタル トランスフォーメーションを推進する新たなクラウドサービス ソリューション「Cloud PARK」 – 京都電子計算株式会社 

「AI 手書き文字認識サービス」リリースからわずか 3 か月で、自治体からの 100 近い商談を受け、 18 団体への導入と高い注目を集めた理由には、自治体における現場課題を的確にとらえた、サービス提供の仕組みがありました。...

続きを読む

「脱・自前主義」でたどり着いた役所のAI サービス – 株式会社三菱総合研究所 

株式会社三菱総合研究所 (以下 MRI) は、多くの自治体が持つこのような課題の解決に向けて、2016 年度から AI を活用したサービスの開発に着手。2018 年 2 月~ 3 月にかけて、全国 35 自治体の協力を得て行った実証実験結果を踏まえ、2018 年 10 月からチャットボットによる住民問い合わせ対応サービスの提供を開始しました。...

続きを読む