ベンダー ロックインを回避して、産業用 IoT ソリューションの導入を成功させる方法 

6 年前に Azure Industrial IoT チームを立ち上げて以来、私が参加してきたビジネスの意思決定者の会議では、あるトピックが議論の中心となる傾向にありました。ベンダー ロックインです。ベンダー ロックインとは、既存のシステムとの互換性を維持するために、これまで使用していたベンダーのソリューションを必然的に選ばなければならず、最適なソリューションを選択できないことを言います。…続きを読む

産業用 IoT のオープン性を推進する 4 つの方法 

このブログでは以前も、産業用 IoT (IIoT) の “オープン性” に対するマイクロソフトの姿勢について取り上げ、その 4 つの要素をご紹介しました。”オープン性” は以前から、マイクロソフトにとっての中心的なコンセプトとして、さまざまなプラットフォームをつなぐ数百の製品やサービスの力となり、プラットフォーム間でのシームレスなデータ移動を後押ししてきました。しかし、具体的にこの戦略がどのように実行に移されているのかという点に多くの関心が寄せられるようになったのは、つい最近になってのことでした。…続きを読む

マイクロソフトのオープンな IIoT アプローチが製造業者の俊敏性を高める理由 

Azure IoT Suite を 2015 年に発表 (英語) するまでにも、IoT のビジネス価値を最大限に引き出すことができるよう製造業者を支援していたマイクロソフトは、エンタープライズにおける数十年に及ぶ経験を基に、瞬く間に産業用…続きを読む

OPC UA がマイクロソフトのオープンな 産業用 IoT のアプローチを補完する仕組み 

インダストリー 4.0 の出現によって製造業界が変化しており、競争力を維持するためには、異なるデータ ソースを持つ複数の工場およびプラントを接続することが必要不可欠になっています。製造業では、自社開発のテクノロジやサイロ化されたデータによる制約をこれ以上許容できなくなっています。…続きを読む