コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

斜面のコーヒー農園で働く男性

※本稿は Banking on green: financial service firms use tech to nurture a more sustainable planet を翻訳し、一部加筆したものです。
※本稿で紹介しているリンク コンテンツは、すべて英語で提供されています。

エドウィン・サパタ氏は、2008 年のことを覚えています。それは、コロンビアのミストラトにある、サパタ氏の家族が 32 年間所有している30,000㎡ (3ha) の小さなコーヒー農園に、450 本のクルミの木を初めて大量に植えたときでした。海抜 1,550m に位置するこの農園は、コロンビアのコーヒー トライアングルと呼ばれるリサラルダ地方でのコーヒー栽培のリスクである、過度の雨と猛暑に常に悩まされてきました。

気候変動に伴い、この 2 つの課題はますます深刻化しています。雨量が増えれば水量も増え、それに伴って畑の浸水や丘陵地での地滑りが発生し、農作物が破壊される可能性が高まります。また、コーヒー豆は太陽に焼かれてしまい、生産には使えません。そのため、木を植えることは、余分な水を吸収することと、コーヒー豆を激しい太陽の光から守るための日陰を作るという 2 つの目的がありました。

エドウィン・サパタ氏と家族

13 年後の今日、サパタ氏は今も植樹を続けていますが、その目標はさらに大きくなりました。サパタ氏の農場は、コーヒー以外にも、マンゴー、バナナ、オレンジ、ミカン、レモン、アカシア、アボカドなど、さまざまな果物を栽培しており、生物多様性の 1 例となっています。彼が木を植え続けることで、大地は回復し、鳥たちが戻ってきて、土壌は多種多様な作物に栄養を与え、生産に必要な化学薬品の量は格段に少なくなっています。そして、この農場は、大気中の CO2 を排出するのではなく、吸収しているのです。

これを可能にしているのが、サパタ氏のような農家と大企業を結びつけ、植樹などの持続可能な農業を行うことで CO2 を回収するプロジェクトです。このプロジェクトは、オランダの多国籍銀行・金融サービス企業であるラボバンク (本社: オランダ・ユトレヒト) と、より持続可能なサプライ チェーンの構築を目指す国際的な市民団体 Solidaridad が共同で行っているものです。Solidaridad の「Coffee of the Future」イニシアチブは、コロンビアとペルーの 7,300 人の生産者を支援することで、36,000ha 以上の従来のコーヒーを「気候変動に配慮したコーヒー」に変えることを目指しています。

また、ラボバンクの「Agroforestry Carbon Removal Units for the Organic Restoration of Nature: 自然の有機的回復のためのアグロフォレストリー CO2 除去ユニット」(ACORN) プログラムは、Solidaridad や他のパートナーのプログラムに加えて、サパタのような農家が蓄積した CO2 を補償するために、世界中の農場と協力しています。CO2 排出権の販売は、ラボバンクがマイクロソフトと共同で開発した Azure クラウドベースのマーケットプレース プラットフォームによって可能になりました。ラボバンクとマイクロソフトのパートナーシップの最終目標は、AI と機械学習をベースにしたグローバルでスケーラブルなプラットフォームを構築し、世界中の農家に力を与えると同時に、気候変動の緊急性に対応することです。

カーボン隔離市場は、「供給」「需要」「市場」で構成される

サパタ氏は、サンタ・ロサ・デ・カバル大学 (UNISARC) で農学の学位を取得した 4 代目のコーヒー農家で、生態系や持続可能な農業の科学に深く関わっていますが、「私たちが栽培しているものだけで家族を養うことができます」と言います。彼は、ラボバンクや彼のようなコーヒー農家に提供されている持続可能なプログラムの助けを借りて、自分ができたことを誇りに思っています。

■グローバルなサステナビリティに積極的な役割を果たす金融サービス企業

今日の金融サービス企業は、3 つの関連する方法でサステナビリティを推進しています。

気候変動の緊急性に鑑み、ラボバンクのような銀行は、現在のポートフォリオのグリーン化に資金を提供しています。また、新しいグリーン ソリューションや企業に資本注入を行っています。そして最後に、顧客からの高い要望により、銀行や証券会社などの金融サービス会社は、持続可能な取り組みを支援する新しい投資商品を提供するようになっています。金融機関の顧客は、一般的に地球環境に貢献している機関との関わりを持ちたいと考えているため、この最後の点は非常に重要です。特に若い世代は、ESG (環境・社会・ガバナンス) に配慮した銀行を意識的に選ぶようになっています。

気候変動の危機の規模と緊急性が無視できなくなる中、解決策を打ち出す上ではテクノロジが非常に重要な役割を果たします。そのテクノロジには、監視、収集、分析すべきデータ、応用された AI や機械学習を用いて構築すべき高度な分析モデル、そして通信インフラの整備などが含まれます。

「ラボバンクの CEO は、マイクロソフトの CEO であるサティア・ナデラ氏と会い、サステナビリティに関する目標についてすぐに一致しました」と、ラボバンクで ACORN イニシアチブの責任者を務めるイェルマー・ヴァン・デ・モーテル氏は言います。

「私たちにとって、衛星データの取り込みや AI モデル、インフラの拡張性など、テクノロジは非常に重要な要素でした。 テクノロジを最も緊急性の高い持続可能性の問題に適用することが鍵となります。」

■ラボバンクは中小を支援しながら企業の CO2 排出量を削減

サパタ氏の経験は、金融サービス業界が可能にしている輝かしい例です。気候変動が世界の農業に与える影響はますます大きくなっています。国連食糧農業機関 (FAO) の新しい調査によると、世界にある 6 億 800 万の農場の 90% は家族経営の農場で、農地の 70〜80% を運営し、世界の食料の約 80% を生産しています。

世界の農場の 6 つに 5 つは、2ha 以下の非常に小さな農場です。これらの農場は全農地の約 12% しか占めていませんが、世界の食料の約 35% を生産しています。

しかし、農業は世界の温室効果ガス排出量の 24% を占めています。中小の可能性を引き出し、気候変動に対処するグローバルな力にすることは、Solidaridad とラボバンクの共同目標となっています。

サパタ氏とコーヒー生産者たち

ラボバンク ACORN の活動はグローバルで、幅広い農産物を対象としていますが、コロンビアの Solidaridad とのパートナーシップでは、特にコーヒー生産者に焦点を当てています。世界で消費されるコーヒーのほとんどは、1,770 万人の小規模コーヒー農家によって生産されていますが、その大半は貧困層に属しています。

農業を対象とした CO2 市場は存在しますが、小規模農家は取引コストが高く、また、自分たちが隔離した CO2 の量を証明できないため、参加することができませんでした。しかし、ラボバンクのプラットフォームを使えば、それが可能になります。農家は、リモート サテライト センシングと AI アルゴリズムの助けを借りて、農場でどれだけの CO2 が発生し、どれだけの CO2 が隔離されたかというバイオマスの違いを測定します。農場が生産した CO2 よりも多くの CO2 を隔離していれば、その差分を自社の CO2 排出量を相殺する必要のある企業に販売することができるというわけです。

モーテル氏は、今後 100 万以上の農場がこのプラットフォームに参加することを目標としていますが、すでにいくつかの農家には効果が現れています。あるプロジェクトでは、土壌、肥料、排水の管理を改善することで、CO2 排出量を削減しています。例えば、コロンビアでは、参加した農場の平均がわずか 3 年でカーボン プラスからカーボン ネガティブになりました。

また、このプロジェクトにより、農家は生産物の品質と一貫性を高めることができました。参加農場の生産性は、3 年間で 15〜20% 上がり、収入も 20% アップしました。アテホートア氏の農場の場合、2020 年 5 月から 2021 年 5 月の間に 24t の CO2 を隔離しました。

Solidaridad とラボバンクは現在、新しい地域を含めてパイロットを拡大しています。また、Solidaridad は、登録、地面の分析、技術サポートで農家を支援しています。ラボバンクは、その取引プラットフォームを通じて、生産者が毎年 CO2 を削減した分の補償を受けられるようにしています。

このプログラムは 3 つの目的を果たしています。「それは、気候変動や土地の劣化を改善・対策すると同時に、食料安全保障を高め、中小の生活を向上させることです」とモーテル氏は言います。「また、お客様が持続可能な社会に移行することを支援することは、中小を銀行化し、新たな投資を行うという当行のビジネス モデルと密接に関係しています。銀行の財務的な持続可能性にとって、これは利益とリスクの両方の観点から役立ちます」とも述べています。

■一人ひとりがより持続可能な生活をするために

ラボバンクは、先進的な技術を用いて気候変動のリスクを軽減しようとしている唯一の金融サービス企業ではありません。現在、金融業界は、国連の持続可能性目標欧州のグリーンディールなど、持続可能性に関する重要なイニシアチブの実現に向けて、ますます主導的な役割を果たしています。そして、その鍵を握っているのがテクノロジです。

イタリアの大手銀行 Banca Mediolanum が設立したフィンテック企業 Flowe は、Microsoft Consulting Services と共同で、ミレニアム世代の顧客を対象に、環境に配慮した生活を送るための指導を行うデジタル バンキング アプリを開発しました。

Flowe の CEO (Cultural Energy Orchestrator) であるイヴァン・マゾレニ氏は、このように述べています。

「サステナビリティの考え方なしには、金融の未来はありえません。私たちは今、コンシャスな資本主義という革命を起こしています。私たちは今、コンシャスな資本主義という革命を起こしています。もはや金銭的なリターンだけに注目することはできません。もっと多くのことがかかっているのです。そして、テクノロジは私たちの成功の鍵です。」

斜面に広がるコーヒー農園

同社は、大企業の排出量に対処することは重要ですが、個人も、移動、旅行、製品やサービスの消費といった生活の仕方について、より多くの情報に基づいた選択をする必要があると考えています。

「Flowe では、まったく新しい経済のパラダイムを推進しています。個人の向上が、社会や環境の向上という全体的な向上につながるような、”ベター・ビーイング・エコノミー” と呼んでいます」

他のオンラインバンクと同様に、Flowe は IBAN を持ち、ユーロ圏の ATM での引き出しが無料で、Apple Pay や Google Pay との統合も可能です。しかし、MasterCard が発行するこのカードは、持続可能な森林認証を受けた森林から産出された木材を使用しています。そして、高度に差別化されたバリュー プロポジションを持っています。Flowe は、顧客が自分の財務上の意思決定が環境に与える影響を理解すれば、特に他の人々が同じ道を歩んでいることがわかれば、顧客は変化を起こし始めるだろうと考えています。

MasterCard が発行する持続可能な森林認証を受けた森林から産出された木材を使用するカード

Azure の AI と機械学習を駆使したアプリを通じて、Flowe は、クレジットカード取引、CO2 の影響、個人の健康状態、あるいはアプリを通じて提供される教育用ビデオ コンテンツに顧客がどのように関わっているかなど、顧客データのあらゆる側面を素早く確認することができます。このアプリは、Azure Kubernetes Service やマイクロサービスベースのアーキテクチャなどの技術を用いて一から構築されており、革新的なサードパーティのソリューションに簡単にプラグインすることができます。

これらのデータから、お客様の行動を特定し、パーソナライズした形でより持続可能な選択をしてもらえるようにしています。

マッツォレーニ氏は、「マイクロソフトの AI プラットフォームを利用して、人々がより有意義な生活を送れるように、小さくて優しいナッジを与えることがその方法の 1 つです」と述べています。例えば、あるお店で買い物をした場合と別のお店で買い物をした場合とでは、CO2 の排出量がどれくらい違うのかを教えてくれるというものです。

消費者を正しい方向に導くことに加えて、Flowe は CO2 の回収にも取り組んでいます。ZeroCO2 社は、グアテマラのペテン地域に 145,000 本以上の木を植えていますが、Flowe は同社とパートナーシップを結び、アプリから植樹できるだけでなく、自分の木がどこにあるのか、その成長をアプリで確認することもできます。

Flowe のサービスは、”Innovability” と呼ばれるコンセプトに基づいています。これは、イノベーションが単なる組み合わせではなく、サステナビリティと相乗効果を発揮することを意味しています。

「私たちの視点では、気候や環境はサステナビリティの一部にすぎません。私たちの視点では、気候や環境はサステナビリティの一部に過ぎず、環境に加えて、人、市民、社会、技術があります。私たちはこれらすべての側面に取り組んでいます」

■次の世代に向けて

コロンビアに戻ったサパタさんは、ラボバンクと Solidaridad のプログラムに参加したことで、自分たちの農場で達成できたことに満足していると言います。

彼の農園では、より高品質のコーヒーが生産され、販売することで、より多くの収入が得られるようになりました。また、新しい植栽がもたらした動物や鳥などの生物多様性を特に楽しんでいます。鳥の数は非常に多く、多様性に富んでいるため、彼の地域の農家では、ここを鳥好きのための観光名所にしようと考えているそうです。

「今日、自分の農場に立つと、何十年も感じていなかったその美しさや自然の素晴らしさを感じることができます。もっと前進して、後世の人々に刺激を与えたいと思っています。」