畑のトウモロコシを見せるトゥレラの農家ラシナ ドゥンビア

※本ブログは、米国時間 2022 年 6 月 14 日に公開された https://news.microsoft.com/europe/features/technology-helps-farmers-weather-the-storm-or-drought-via-crop-insurance/ を翻訳し、一部修正したものです。
本文のリンクはすべて英語で提供されています。

Elliot Smith Head shot

エリオット スミス

世界中の農家は、栽培する作物も栽培技術も異なるが、天候を知り、それが収穫の好不調につながることを熟知しています。

ムーサ ムコロさんも同じです。マリの農民であるムコロさんは、雑穀やギニア コーンを栽培しています。しかし、数年前から干ばつが彼の作物、そして他のマリの農家に大被害を与えています。2021 年、マリは過去 5 年間で最悪の干ばつに見舞われ、焼けつくような暑さと少雨のため、何百万人もの人々が食糧難の危険にさらされました。

「雨がたくさん降らないと、作物がうまく育ちません。」と、ムコロさんは通訳を介して語ります。

農家は天候不順の影響を最も受けやすいのです。文字通り労働の成果や穀物を得られないだけでなく、場合によっては自分たちの食卓を確保することもできません。収穫期がうまくいかないと、次のシーズンまで収入源がなく、多くの人が振り出しに戻ることを意味します。4 億近い農家が降雨に依存していますが、保険で守られている農家の割合はわずか 3% に過ぎません。

サイモン シュウォール氏は通信業界でキャリアをスタートさせ、アフリカの農村で銀行口座を持たない顧客がモバイル決済オプションを熱心に採用しているのを目の当たりにしました。2015 年の干ばつで多くの顧客が生活に困窮した後、シュウォール氏はこの電話モデルが農作物保険にも使えると考えたのです。

携帯電話で保険の支払いをするマリ共和国トゥレラ市の住民

携帯電話で保険の支払いをするマリ共和国トゥレラ市の住民。写真: Nicolas Réméné.

世界を養う人々の所得分配の不備を克服することを使命とし、小規模農家向けに低コストの作物保険を提供するため、2020 年に Oko を設立しました。古代部族の信仰では、Oko は豊作を守護する神の名です。イスラエルに拠点を置くこの新興企業は、マリとウガンダで現地の電話会社やモバイル決済処理業者と提携し、このサービスを立ち上げました。しかし、Oko を効果的かつインパクトのあるものにするためには、現場でのアドボカシーが必要でした。

Oko は、インデックス保険という考え方でコスト削減を図っています。多くの保険契約では、保険金請求の確認や査定など、コストの不確実性を考慮した管理コストがあらかじめ組み込まれています。インデックス保険は、現地での検査ではなく、データ分析とリスク計算を活用し、地方の顧客にとってより安価で利用しやすい保険を構築します。また、遠隔気象モニタリングにより、当て推量や人的要素を保険契約から排除し、Oko は干ばつや洪水の際に迅速に行動することができます。

シュウォール氏は、「最終顧客と話をする必要があった」と振り返る。「農家が何を必要としているかを理解するために、農家と一緒に畑で時間を過ごしました。そして、農作物保険がどのようなものであるかを説明する必要があったのです。彼らは皆、不作の季節や干ばつに悩まされた経験がある。だから、保険に加入することのメリットを理解してもらえたのです」。

農家は携帯電話を使って Oko にサインアップします。農家は平均して、1 シーズン分をカバーするために約 20 ドル (米ドル) を支払い、平均して約 1.7ha (4.2 エーカー) をカバーすることになります。その後、Oko は過去のデータと気象データを使って保険リスクを分析し、保険料を決定します。リアルタイムのデータが深刻な干ばつや洪水を示した場合、Oko は直ちに農家に支払いを行うため、保険金請求をする必要がなく、農家は不作の季節から以前よりずっと早く立ち直ることができます。

干ばつ時のカリファブーグーの大地の硬さを示す農家のKassim Koné

干ばつ時のカリファブーグーの大地の硬さを示す農家の Kassim Koné。写真: Nicolas Réméné.

マリの穀物農家、セクー クーリバリさんは通訳を介して、「Oko は干ばつと降雨の両方に保険をかけているので、私は会員になったのです」と言いました。「最初の年は作柄が非常に悪かったのですが、Oko は干ばつのため、その損害を補うことができました。この地域の農家にとって、Oko はとても良いものだと言わざるを得ません。」

しかしシュウォールは、Oko がさらに大きなインパクトを与えることができると信じていた。彼は、Microsoft for Startups AI 4 GOOD アクセラレーション プログラム と Founders Hub に登録し、イスラエルの目的志向のベンチャー企業が社会の前向きな変革をもたらすために AI ソリューションを推進するのを支援しました。このプログラムの卒業生は、テクノロジ、人脈、助成金を得て、スタートアップ企業のインパクトのあるビジョンを実現するための支援を受けることができます。

マイクロソフト for Startups イスラエルのジェネラル マネージャーである Raz Bachar 氏は、「我々は、リーダーシップ チームと、人々の生活に変化をもたらすという彼らの情熱に非常に感銘を受けました」と述べています。「Oko の申請書を審査しているうちに、彼らが取り組んでいる問題の大きさと、彼らが世界に与える可能性のある影響について理解するようになりました。それ以上に、チームが自分たちのソリューションについて話すときの興奮が目に見えるようで、彼らの声から感情が伝わり、目の輝きを見ることができました。彼らは本当に感動的です。

Oko の場合、Microsoft Azure の堅牢なインフラとデータ ツールが、顧客関係管理 (CRM) プラットフォームの改善と、衛星気象データをより適切に分析し、その結果を計算するための機械学習アルゴリズムの構築を支援しました。さらに、マイクロソフトのプログラムでは、メンタリングやインパクトの測定方法に関するトレーニングに加え、研究開発資金も提供されました。

シュウォール氏は、「このプログラムのおかげで、本当にスケールアップすることができました」と述べています。「インフラやリソースを変更することなく、(自社設計の) プラットフォームを Azure に移行することができました。1,800 軒の農家を支援していたのが、1 万軒を超える農家を支援できるようになったのです。そして現在、マリの UN Women とプログラムを組んでいます。私たちの顧客層には女性の数が限られていることに気づき、そのギャップを埋めたいと思っています。

バマコにあるスタートアップの本社で、マリの降雨量の地図と衛星データを見せるOko Maliの前カントリーディレクター兼オペレーション責任者のMariam Doumbia氏

バマコにあるスタートアップの本社で、マリの降雨量の地図と衛星データを見せる Oko Mali の前カントリーディレクター兼オペレーション責任者の Mariam Doumbia 氏。写真: Nicolas Réméné.

Oko はシーズンごとに、リアルタイムの衛星データと降雨量モニタリングにより、健全な収穫のためにどれくらいの雨が必要かを判断します。雨量が基準値を下回ると、自動的に農家への支払いが行われます。

シュウォール氏はこう言います。「わざわざ電話する必要はない。農家の中には、『どうしてわかるんですか』と聞いてくる人もいます。アプリで『干ばつに遭いましたね、ここをクリックしてお金を受け取ってください』と伝えているのです。詐欺のリスクはありません」。

「とても簡単で、重要な情報を提供してくれる彼らの仕事には超満足しています。」とムコロさんは述べました。「Oko は天気予報の情報をテキスト メッセージで送ってくれています。雨が降りそうなときは教えてくれるし、その情報は常に共有されています。」

干ばつに見舞われた場合、シュウォール氏は、農民が支払った保険金で次の収穫のための新しい種を買ったり、燃料など街で売れるものを買ったりしていると言います。農家は保険に加入しているため、マイクロ融資を利用して農作物にさらに投資することができます。

Oko はマリとウガンダで強力な進出を果たしましたが、Oko が支援したい農家はアフリカやその他の国々に広く存在し、既存の顧客が満足して製品を使い続けられるようにすることも重要です。気候変動が大きな要因となりつつある中、迅速に対応し、農家に保険を提供する Oko の能力は、大きな影響を与える可能性があります。

シュウォール氏は、「まだ証明すべきことがある」と言います。「顧客獲得にかかる費用はまだ高い。私たちは、農家が季節ごとに保険に加入し続けられるようにしたいのです。そのためには、保険が良いものだと信じてもらわなければなりません。また、国際的にも成長したいと考えています。2025 年までに 100 万人の農家をカバーしたい。それが私たちの北極星です。このオペレーションが価値あるビジネス モデルであることを証明できればと思います。」

空を見上げ、土に手を触れる農家にとって、天候に左右されることなく仕事ができることは大きな安心感につながりました。

「Oko は私たちのために素晴らしいことをしてくれています。」とコウリバリさんは言いました。「他の農家への啓蒙活動も行っています。そのアイデアは素晴らしく、農家を大いに助けてくれています。」