コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

Posts

Empowering Governments – 政府におけるデジタルトランスフォーメーション推進について 

新内閣発足以来デジタルトランスフォーメーション (DX) が注目されています。その様な中、そもそも国民へのどのようなサービスがデジタルを使って提供されるべきなのか (されると良いのか) についてマイクロソフトが国内外を通じて得た知見を元にご紹介いたします。...続きを読む

【中央省庁向け動画・資料まとめ】 デジタルガバメント実現に向けて ICT を利活用するには 

デジタル技術の進展により急激に変化した現代社会において、多くの企業・組織が、新たな働き方への対応やリモートワーク環境への早期移行、セキュリティ対策、膨大なデータの保管など、さまざまな課題に直面しています。...続きを読む

【自治体向け 無償ウェビナー集】 ステップ バイ ステップで解説 リモートワークの始めかた 

自治体におけるデジタル トランスフォーメーション (DX) は、多くの取り組み事例が見られるようになり、実践期に入りました。2020 年前半からのリモートワーク導入の流れは、さらに幅広く、半ば強制的に自治体の DX が進む兆しを見せています。...続きを読む

防衛省 陸上自衛隊 富士調査研究会同への参加報告 

2020 年 9 月 9 日から 10 日にかけて、防衛省陸上自衛隊 富士研究会同 (展示会) へ参加させていただきましたので、その模様をご報告いたします。 2 日間で 400 名以上の自衛官にお立ち寄りいただき、多くの方にマイクロソフトのソリューションに関心を持っていただくことができたと感じております。 今後も自衛官の皆様にご活用いただけるテクノロジーをご紹介してまいります。...続きを読む

「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」ISMAP について 

日本政府における情報システムのクラウドサービス利用を第一選択肢として検討し、情報化の速度を向上させ IT 化による利便性を向上させる取り組みであるクラウド・バイ・デフォルト方針に基づき「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(Information system Security Management and Assessment Program: 通称、ISMAP (イスマップ)) が制定されました。この制度は、政府が求めるセキュリティ要求を満たしているクラウドサービスをあらかじめ評価・登録することにより、政府のクラウドサービス調達におけるセキュリティ水準の確保を図り、もってクラウドサービスの円滑な導入に資することを目的とした制度です。...続きを読む

裁判所の民事訴訟手続きの IT 化において Microsoft Teams を採用 

最高裁判所 が推進する、民事訴訟手続きの IT 化において、マイクソフトのクラウドサービス「Office 365」のコラボレーションツール「Microsoft Teams (マイクロソフト チームズ)」が採用されました。2020 年 2 月から 9 か所、2020 年 5 月頃から 5 か所の裁判所で取り扱われる民事訴訟事件の争点整理から Teams が活用されることになります。民事訴訟事件の争点整理で、Teams が活用されるのは世界初となります。...続きを読む

わずか2時間でアイデアをアプリに― DXハッカソンから見えてきた行政手続デジタル化の可能性 

政府が行う行政手続は、約5万8,000種類、手続件数にして年間21億件という膨大な業務量に達しています。このうち年間10万件に満たない中小規模の手続が5万7,000種類以上もあるのが、現在の行政の実情です。...続きを読む

「オンプレのスパコンしか使ったことがない」研究室における HPC のクラウド化を支援する ISAO のクラウド 活用支援サービス 

高度な演算処理を必要とする大学の研究室の多くではオンプレミスの専用 HPC サーバー、スーパーコンピューターが使用されています。しかし、肝心なタイミングで借りられない、処理速度が課題という声もよく聞かれます。このような、大学の研究室における HPC 利用の課題を解決する「クラウド活用支援サービス」を提供しているのが株式会社ISAO です。研究開発の現場によく見られる課題と、同社のクラウド マネジメント サービス「くらまね」について、詳しくお話しをうかがいました。...続きを読む

内閣サイバーセキュリティセンター (NISC)「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」に対する マイクロソフト クラウド サービス (Microsoft Azure, Office 365) の対応リファレンス 

NISC は 2016 年 8 月 31 日に、国内の政府機関が準拠すべき指針「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準 (平成 28 年度版)」(以下:「政府統一基準」) を改定し、クラウドの選定および利用の際のガイドラインやセキュリティ要件等の基準を追加しました。本リファレンスは、国内の行政機関および独立行政法人などに向け、Azure 及び O365 クラウド環境における改定後の政府統一基準の要件整理の考え方や必要となる情報、項目ごとの詳細な対応策を提供しています。...続きを読む

コミュニケーション基盤を Microsoft 365 に刷新 - デジタル変革を推進する渋谷区の挑戦 

渋谷区は、2016 年「渋谷区基本構想」を制定し、20 年後のビジョンの実現に向けた、区政運営の改革を断行しました。この取り組みの一環として、デジタル ワークスタイル変革を推進するにあたり、2019 年 1 月の区役所庁舎移転に伴い ICT 基盤を刷新しています。...続きを読む

地方自治体におけるデジタル トランスフォーメーションを推進する新たなクラウドサービス ソリューション「Cloud PARK」 – 京都電子計算株式会社 

「AI 手書き文字認識サービス」リリースからわずか 3 か月で、自治体からの 100 近い商談を受け、 18 団体への導入と高い注目を集めた理由には、自治体における現場課題を的確にとらえた、サービス提供の仕組みがありました。...続きを読む