コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

技術の世界では「クラウド ファースト」という言葉をよく耳にしますが、ポリシーという点で、この言葉は何を意味するのでしょうか? さらに具体的に言えば、医療において、クラウド ファーストとは何を意味するのでしょうか? 幸い、私たちは EU Cloud in Health Council のミーティングで、この話題について何度か触れる機会がありました。クラウド ファーストに関する勧告のうちの 1 つは、この審議会の 2016 年 6 月の行動要請に記載されています。 これまで何回かにわたって行われたミーティングで、審議会メンバーの Richard Corbridge 氏 (アイルランド医療サービス行政機関の最高情報責任者) からのコメントを聞いているうちに、私たちが思ったのは、同じミーティング ルームで Richard 氏の言葉を聞く機会に恵まれなかった顧客、政策立案者、そしてその他の医療関係者が、HSE Ireland にとってクラウド ファーストが持つ意味、そしてこのポリシーによりアイルランドがどのようにクラウドを利用しているのかに関する Richard 氏の説明を聞くことによってメリットを得られるだろうということです。 クラウド ファーストの概念は、米国連邦政府の CIO、Vivek Kundra 氏による取り組みから生まれたものであり、2010 年に発行された Kundra 氏の著書「25-point plan to reform federal information technology management」の土台の 1 つとなっています。Kundra 氏はこの計画を概説するレポートの中で、クラウド ファーストの要件を次のように説明しています。「新しい IT 展開のオプションを評価する際に、セキュアで信頼できるコスト効果に優れたクラウド オプションが存在する場合は常に、OMB はクラウド ベースのソリューションを既定として採用する各機関に要請しなければならない」。米国のクラウド ファースト ポリシーでは将来を考慮しただけでなく、「各機関の CIO は 3 つの「必ず移行すべき」サービスを特定し、その 3 つのサービスのそれぞれについて、クラウド ソリューションに移行して、関連するレガシー システムを使用しなくするためのプロジェクト計画を立てること」という要件も含めています。クラウド ファーストを実装している国は、英国オーストラリアをはじめ、多数あります。また、ニュージーランド消防庁のように、クラウド ファースト ポリシーを定式化している政府機関もあります。 ある技術コンサルティング会社では、クラウド ファーストを「新しい標準」と呼んでいるほどです。この表現はちょうど Richard 氏との会話につながります。 最初のビデオ クリップで、HSE クラウド ファースト ポリシーは、新しいサービスをクラウド内で展開する根拠になると、Richard 氏が説明しています。彼の言葉を借りると、「今までのことに目を向けると、人々が最初に導入したいと思うのは、オンプレミス ソリューションであるということです」。Richard 氏はさらに、クラウド ファーストのアプローチを採用するには、適切な出発点が必要となるだけでなく、全体としての「医療システムをクラウドに移行しないわけにはいかない」ことを認識することが不可欠であると言っています。2 番目のビデオ クリップでは、Richard 氏が、クラウド ファースト ポリシーによって新しいてんかん治療システムのクラウド ベースの実装がどのように推進されているかおおまかに説明しています。このシステムでは、クラウドに保管されている、てんかん患者の患者レコードに含まれるゲノム情報も取り込まれるようになっています。 このような新しいシステムによって、医療プロバイダーはこれまでよりも遥かに大量の患者情報を入手できるため、患者がレコードに入力した情報に加え、各患者の遺伝的特徴に基づく、さまざまな治療が可能になります。 Richard 氏は、クラウド ファースト ポリシーを内部で医療プロバイダーと科学技術者に伝えるだけでなく、外部の患者と一般市民にも伝え、このポリシーによって医療情報のセキュリティが実際に強化され、最終的には医療成果の向上につながることを理解してもらうことが重要であるとも話しています。 これは、重要な認識の転換です。HSE Ireland のような大規模なクラウド ユーザーの多くでは、この認識の転換はすでに進められていますが、医療におけるクラウド コンピューティングの価値を完全に認識するには、私たちが連携して、クラウドが引き起こす認識の転換を、患者レベルでも受け入れやすくする必要があります。 この分野での Richard 氏のリーダーシップと、EU Cloud in Health Council の枠を越えて自分のビジョンを共有しようという意欲に、あらためて感謝の意を表します。 医療におけるサイバーセキュリティの詳細については、こちらから電子書籍をダウンロードしてください。