コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

過去 5 年の間に、医療機関と患者間の対話型コミュニケーション (オンライン電子フォームまたはビデオ インタラクション) が普及してきました。 これらのデジタル チャネルが患者のクリニックへの実際の訪問を増やし、真のオムニチャネルによる患者の診察を実現します。これにより、医療機関は病院と患者の双方に対してさらに価値あることを行うことができます。

オムニチャネルによる患者の診察の次のレベルを調査して、医療機関はコストを削減しながら、成果と患者満足度によって評価される価値を高める方法に関心があることがわかりました。 マイクロソフトは、クラウドベースのオムニチャネル医療が医療機関のこれらの目標の達成を支援できると信じています。なぜなら、Microsoft Azure を装備した Q-nomy のオムニチャネル医療プラットフォームの価値が実証されているからです。

Azure SQL Database、Azure App Service、Azure Storage、Azure Queue Storage、Azure Content Delivery Network を使用した Q-Flow for Healthcare は、医療処置そのものを除く患者治療のあらゆる側面を、医療機関が管理、伝達、最適化できるようにします。 Azure は、Q-nomy が複雑なソリューションを簡単で、安全で、実行可能な方法で展開して保守できるようにします。

効率主導の対話型ワークフローの良い例は、訪問登録、請求書発行、保険適格性確認がセルフサービス キオスクで患者自身によって行われたりオンライン ポータルでプレチェックインによって行われたりする、最適化された患者管理プロセスです。 このセルフサービス指向のワークフローは、クリニックの受付係による支援の必要性を排除または軽減するため、待ち時間が最小限に抑えられ、患者の満足度が向上します。

これは、テキサス州フッド基地の Carl R. Darnall Army Medical Center (CRDAMC) に展示されています。 この近代的な医療センターは、615,000 平方フィートの 122 床の病院、322,000 平方フィートの外来クリニック、物流用の建物、23,000 平方フィートの中央ユーティリティ プラントで構成されます。

最初から、CRDAMC の経営陣は、待ち時間の短縮、患者満足度の向上、全体的な医療看護が提供するパフォーマンスの向上を目指していました。 選択されたソリューションは、いくつかの診療科にかかっている患者がそれぞれの科にいつ到着するかを最適化するものです。これは、患者の診察全体の SLA を保証しつつ、患者がそれぞれの科を訪問したときに、患者のすべての注文、データ、テスト、検査結果に適切な専門家が適切なタイミングでアクセスできることを保証する統一されたコミュニケーションおよび情報配信システムを提供します。 CRDAMC は、選択されたソリューションが、患者が事前にやることが分かっている場合は受付係を待つ必要がないようにするためのセルフサービス チェックインと経路用のキオスクを管理するようにも要求していました。

Q-Flow は、複数の科で診療を受ける患者の診察時間を約 45 分間短縮します。 また、Q-Flow は、複数の科にかかる患者の診察における医療ケース管理を合理化することにより、スタッフの効率性を高めます。

このオムニチャネル医療アプローチは、医療機関がアクティブ ユーザーとしての患者を中心としたワークフロー フレームワークを再構築できるように物理チャネルとデジタル チャネルが連携されていることを意味します。 その結果、書類、手作業、リソースの手動配分が削減され、利用効率が向上します。 医師、看護師、その他の医療スタッフは、管理作業や EHR 書類作成から解放されます。

運用とコストは収益効率と密接に関係しています。 滞在期間を短くすれば、すぐに収益につながりますが、代わりに再入院率が高くなる可能性があります。

IoT とウェアラブル デバイス、オンライン医療機器、オンライン フォーム、ビデオ セッション、テキスト メッセージ、患者ポータルなどのさまざまなチャネルを介して患者とコミュニケーションを行うと、これらの受信データに基づいて実現可能なワークフローを設定しつつ、再入院を回避し、患者の健康に対して大きな価値を生み出し、健全な最終損益につなげられます。

クラウドベースのオムニチャネル患者診察を導入して、患者の転帰と提供者のパフォーマンスの全体を改善する方法については、Q-nomy またはマイクロソフトのアカウント マネージャーにお問い合わせください。

マイクロソフトとパートナーの医療に関する取り組みについては、ここで無料の電子書籍をダウンロードしてください。