コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

ボーイング社は、第一次世界大戦中には米海軍に水上飛行機を、1958 年には最初の商用ジェット旅客機を提供し、約 10年前には最新鋭の 787 ドリームライナーを発表して、航空機産業をけん引し続けています。同社は、2016 年 8 月にマイクロソフトとの新たなコラボレーションを発表。これからの 100年に向け、デジタル アビエーション (飛行のデジタル化) の最前線を歩むために挑戦を続けています。

ボーイング社デジタル アビエーション部門アドバンスド インフォメーション ソリューション担当役員、Andrew Gendreau 氏は、「ボーイングは、世界中のお客様に革新的な業務効率ソリューションを提供するために、テクノロジー分野のリーダーであるマイクロソフトと共に取り組んでいます。ボーイングの航空機製造に関する深い知識をマイクロソフトのテクノジーに関する専門知識で補完することで、新しい、革新的な顧客ソリューションを市場に提供します」と説明しました。

「今回の発表を気に留める人なんて誰もいないでしょうね。機体のメンテナンスのために 5 分以上滑走路で待たされている乗客を除いては」といった冗談を言うのは、マイクロソフト太平洋北西部エンタープライズ セールス担当役員の Nathaniel Crook です。

ボーイング社とマイクロソフトの連携は、ボーイング社の幅広いデジタル ソリューション ポートフォリオを Microsoft Azure に移行することからスタートします。これにより、航空会社の適応力、革新性、インテリジェンス主導が強化され、ビジネス上の課題を解決できるようになります。

航空業務のデジタル化は、航空会社の効率性、競争力、顧客サービスを向上させ、さらに業務の合理化を図るために人工知能を活用し、人間と機械のさらなる統合を可能にします。

Microsoft Azure、そして Cortana Intelligence や Azure IoT Suite といった Azure の各種機能をベースにした両社の連携は、航空機の予測整備、燃料の最適化、航空会社システム、総合的な乗客エクスペリエンスなどを強化し、商業航空事業全体の改善を目指します。

ボーイング社の発表を受けて、マイクロソフトの運輸・旅行業担当グローバル インダストリー ディレクターの Greg Jones は、「今回の連携の結果として得られる高度なアナリティクスは、新世代のパイロット、整備士、運行管理者に加え客室乗務員までも支援するでしょう」と語ります。

Greg Jones は、このように説明しています。「航空業界では、データの爆発的な増加に伴い多くの変革が発生しています。航空会社は、非効率な業務を排除するために、情報をより効率的に活用したいと望んでおり、航空業のデジタル トランスフォーメーションの推進を目指し両社が連携するという今回のニュースは、マイクロソフトのクラウドを利用し、ボーイング社の各種サービスを互いの顧客である航空会社に提供することを可能にするものです」。

コックピットをはじめとするさまざまな場所で、この連携が、急成長しているデジタル アビエーション環境に向けた両社のコミットメントをさらに強化します。

この取り組みについて Gendreau 氏は、「つながっている旅行者、つながっている飛行機、つながっているオペレーション、そしてその相互作用には大きな可能性があります」と述べ、「世界的に見ても、営業費用の拠出額と収益が共に約 7,000 億ドルと、航空会社は収益性はあるものの儲けの少ない、競争の激しいビジネスです。データやアナリティクスの活用は、パフォーマンスやエクスペリエンスを向上するだけでなく、収益性の高い成長を維持する機会を航空会社に与えることになります」と述べました。

これは、いろいろな意味で説得力のある見方です。自社について同氏は次のように説明します。「飛行機といえばボーイング。ボーイングは空のリーダーであり、当社の理念は、『大きな視野で、果敢にチャレンジし、世界を変える』です」。

「データ、専門知識、効率性、スキルなどに裏打ちされた当社のデジタル エア ライン ソリューションは、日々、世界中の 300 社を超える航空会社に影響を与えます。業界は違えど、クラウド、アナリティクス、モビリティなど、独自のイノベーション力をもつマイクロソフト社も同様です。私たちの信条にも共通するところがあります。それは、『お客さまに寄り添い、そのビジネスや課題を理解し、最善の成果が得られるよう協力する』というものです」。

これに賛同し、Greg Jones は次のように述べています。「私たちのチームは、航空業務の相互接続の可能性を真に実現するものです。センサーやテレメトリの情報だけでなく、乗務員に働きやすい環境を提供し、地上から空へのコミュニケーションを強化し、ボーイング社が提供しマイクロソフトが動かすコネクテッド エア ラインのビジョンを実現すべく私たちは取り組みます」。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。