コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

小売企業とブランド企業向けのマイクロソフト クラウドの利点に注目する 2 部から成るシリーズの第 1 部です。 第 2 部はこちらをご覧ください。

小売企業と消費者ブランド企業が組織内変革を進めるにつれて、クラウドでのテクノロジ革新が成功への鍵となっています。

最近進展した分析と人工知能 (AI) のを組み合わせることにより、クラウド コンピューティングの現在の機能はパワフルで広範に及ぶものになっています。 これは、実現する顧客エクスペリエンスから、従業員の働き方、ビジネス プロセスと事業運営、提供する製品とサービスそのものに至るまで、小売業務を刷新し、小売または消費財企業のあらゆる側面を変革する可能性があります。

今この業界にいることは本当にすばらしいことです。

マイクロソフトの使命は、地球上のすべての個人とすべての組織がより多くを達成できるようにすることです。 インテリジェントなクラウド プラットフォームを構築することは、その方法の 1 つです。

世界に広がる小売と消費財チームは小売企業とブランド企業がマイクロソフトのテクノロジから最大の価値を得られるようにします。これは、デジタル変革を加速し、業績の改善、差別化された体験、技術的な統合を考慮したうえでの新たなビジネス チャンスを開きます。 これが私たちのすべてのやり取りの中心となります。

今日、Fortune 500 の 90% を超える企業はマイクロソフトのクラウド サービスを利用しています。すでに Azure を利用して事業を拡大と再編を行っている小売企業とブランド企業の数には驚かされます。

業界のさらに多くがクラウドによって実現できる事柄に期待するようになったので、私は小売企業とブランド企業にとってのマイクロソフト クラウドの 8 つの利点に光を当てることにします。

1. 真の一貫性を備えたハイブリッド クラウドにより、IT の柔軟性を実現する

クラウドに対する一貫したハイブリッド アプローチは小売企業と消費者ブランド企業が求めていたものの、それまでクラウド プロバイダーでは見いだせずにいたものでした。 私たちはお客様のビジネスにとって最善の選択肢と柔軟性を提供することを願っています。

Azure により、小売企業とブランド企業はあらゆる場所でのハイブリッドの一貫性により、両方の世界、つまりクラウドとオンプレミスのどちらにも展開してオンプレミスのデータとアプリを拡張できる機能から、アプリケーション開発、管理とセキュリティ、ID 管理、多様なデータ プラットフォームでの最善のものを実現できます。 アプリ構築に対する Azure の柔軟性は、改革を加速し、ツールとオープン ソース テクノロジを選択して複雑なプロジェクトを迅速簡単に構築するためにも役立ちます。

大規模店舗またはオンプレミスのテクノロジ投資を行う小売企業では、ハイブリッド アプローチによりクラウドへの移行が強く推進され、既存の投資の最適化、コストの低減、真のコネクテッド エンタープライズへの道筋を与えます。ショッピング体験にはより大きな一貫性とパーソナライズが得られ、顧客の需要に合わせた俊敏性を実現する扉が開かれます。

2. 最も信頼できるクラウドと連携して、ビジネスを保護する

データ セキュリティとプライバシーはどんなビジネスにも不可欠ですが、小売企業とブランド企業は、ターゲット型サイバー犯罪、複雑なサプライ チェーン、増大するコンプライアンスへの責任、繰り返される従業員の離職など、多大な圧力と課題に直面します。 これこそ、選択するクラウド プロバイダーとテクノロジが重要である理由です。

マイクロソフトは、最高レベルの信頼、透明性、標準への適合、規制へのコンプライアンスを実現できるよう取り組んでいます。 マイクロソフトの幅広いクラウド製品およびサービスは、お客様からの最も厳しいセキュリティとプライバシーの要求に対応できるよう、すべてゼロから開発されています。 私たちは 50 件のコンプライアンス オファリング、他のあらゆるクラウド サービス プロバイダーより多くの認定を提供し、マイクロソフト クラウドは小売企業とブランド企業によるコンプライアンス、たとえばヨーロッパでまもなく施行される一般データ保護規則 (GDPR) プライバシー法などへの準拠を加速します。

また、お客様の環境、データ、アプリケーションに対する ID とユーザー アクセスの管理と制御も支援します。  Azure Active Directory はユーザー ID を統合し、小売従業員すべてに対するより安全なサインインのための Multi-Factor Authentication を可能にします。 さらに、小売企業とブランド企業は Azure Active Directory B2C を使用して、ID を保護しながら、完全にカスタマイズ可能な体験を備えたアプリケーションを提供できます。 これらに加え、Microsoft Azure IP Advantage プログラムにより Azure のお客様にクラウドベースの改革と投資のための知的財産 (IP) 訴訟およびリスクに対する包括的な保護が提供されます。

3. すぐに使用できる IoT による簡単な実装

私たちは以前から認識していましたが、小売企業と消費財ブランド企業は、Internet of Things (IoT) の実際的な利用を望んでいます。 マイクロソフト クラウドは、労力なしで優れた運用効率とコスト低減を推進するための多くの手段を提供しています。 Azure IoT suite を使用すると、小売企業とブランド企業は、リモート モニタリングや予兆保守など、特に一般的な IoT シナリオのための事前構成ソリューションを活用できます。また、店内取引パターン、在庫レベル、エネルギー利用などの物事を理解し、食料品冷却ユニットを追跡して食品廃棄を防止することにより、1 店舗あたりの利益を増加させることができます。

Azure IoT suite はオープンで、デザインによるカスタマイズが可能です。Azure Certified for IoT デバイスの 46% は、Linux、Android、その他のオープン ソース テクノロジで動作します。 フィールドで働くパートナーが運用効率を向上させるため、IoT 展開に関する MARS DRINKS の言葉を以下に示します。

「顧客により良いサービスを提供するうえで、Azure を基盤とする分析プラットフォームが役立っています。 このプラットフォームで得られた情報から、当社のマシンに在庫を補充するタイミングや点検が必要な時期を特定できます。 この情報は、すぐに実行できる単純でアクション可能なデータとして従業員に伝えており、業務の効率を上げ、改善可能な点を特定するために役立っています。 — Jamie Head、MARS DRINKS 最高情報責任者

4. 比類ないインテリジェンスにより、判断力とアプリにパワーを与える

アドバンスド アナリティクスと AI は、小売企業とブランド企業がデータをインサイトに変換し、業務全体に対する真の変革を推進するための中心的機能です。

Azure は、開発者とデータ サイエンティストに Cognitive API、ボット、Machine Learning、Blockchain as a Service (BaaS) の各機能を提供する唯一のパブリック クラウドです。 Azure N シリーズ仮想マシンを使用したパワフルな GPU ベース コンピューティングを利用してこれらの機能を組み合わせ、大規模インテリジェント ソリューションを構築することにより、ディープ ラーニングを高速化し、HPC シミュレーションを利用可能にし、リアルタイム データ分析を実施できます。

Cognitive ServicesBot Framework を利用して、ブランド企業は自然に感じられユーザーを楽しませるようなアプリとの対話を作成できます。 Machine Learning などの予測分析サービスを使用して、構造化データと非構造化データ (ERP および CRM システム、Web、IoT デバイス、ビッグ データなど) から小売企業はより賢明な判断を下し、新たな可能性を見いだすことができます。また、従業員が毎日使うアプリとツール (Power BI や Microsoft Excel など) を統合できます。 ブロックチェーンによって、サプライ チェーンに沿った製品の移動における透明性を大きく拡張できます。 ディープ ラーニングとリアルタイム分析のすべてには、業界最大の 2 つの損失、つまり食品廃棄と盗難において数十億ドルの節減を推進する可能性があります。

次回のブログでは、小売企業とブランド企業にとってのマイクロソフト クラウドの利点、および信頼できるクラウドへの移行方法についてお伝えします。

それまでは、こちらで詳細をご覧ください。 また、シームレスで接続されたカスタマー ジャーニーを提供する、実際に稼働するテクノロジをビデオで視聴することもできます。 マイクロソフト クラウドが提供できるすべてを小売企業と消費者ブランド企業が活用し、小売業務の刷新とショッピング体験の再編成を行うためのお手伝いができることを楽しみにしています。

LinkedIn: Tracy Issel