コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

『The Future Computed: AI と製造業』 

本日、マイクロソフトは、『The Future Computed: AI と製造業』(The Future Computed: AI and Manufacturing:英語) を公表しました。本書では、人工知能 (AI) がデジタル業務の最適化と効率の向上、新しい製品やサービスの実現、より安全な職場環境の整備により、製造業の分野をどのように変革していくかを詳しく説明します。...

続きを読む

「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか 」セミナー資料ダウンロード 

2019年4月22日(月)東京、4月25日(木)大阪にて開催されました、ハノーバーメッセのRecap(復習)セミナー「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか―ハノーバーメッセ2019に見る先進事例と将来像」の資料をこちらからダウンロードいただけます。...

続きを読む

IoT で変えるものづくり (パート 2): データにもっと働いてもらう 

データは、製造業で IoT が持つ価値の基盤となるものです。データは、オペレーションに可視性をもたらすことで、状況監視のための豊富なモデルを構築し、総合設備効率 (OEE) を向上させ、コネクテッド製品によって新たな収入源を生み出すことを可能にします。...

続きを読む

IoT で変えるものづくり (パート 1): パイロット プログラムの殻を破る 

このブログ シリーズでは、ディスクリート型製造業のメーカーやプロセス型製造業のメーカーがどのようにして人、プロセス、およびテクノロジに関するさまざまな課題に対処し、Industry 4.0 を実現しているかについて掘り下げます。1 回目となる今回の投稿では、皆さんが幸先のいいスタートを切り、パイロット事業を実稼働へとスムーズに移行させるうえで役立つベスト プラクティスをいくつかご紹介します。...

続きを読む

ハノーバー メッセ 2019 で見たインテリジェント マニュファクチャリングの未来 

マイクロソフトは、メーカーが今日直面する課題やチャンスに対応し、顧客や従業員、および社会それぞれについてより良い成果を達成できるよう支援する発表をいくつか行い、この発表を通して自身のミッションをハノーバー メッセで表明しました。...

続きを読む

トヨタ マテリアル ハンドリング グループが、AI や IoT などのテクノロジを活用し、フォークリフト、工場、サービス、物流のデジタル トランスフォーメーションを実現 

トヨタ マテリアル ハンドリング グループ (TMHG: Toyota Material Handling Group) は、世界最大のフォークリフト製造会社です。同社のお客様は、倉庫用の運搬車や機器の他にも様々なものを必要としています。こうしたニーズに応えるため、グローバルに事業展開する同社は、デジタル イノベーションおよび有名なトヨタの主義であるリーンで効率的な製造方式を元に、物流ソリューションを拡張し、充実させています。...

続きを読む

風力、AI、クラウドで作る持続可能な未来 – Siemens Gamesa Renewable Energy 

1 年半前、風力発電産業のグローバル リーダーである Siemens Gamesa Renewable Energy は、自立飛行ドローンとデジタル ソリューション「Hermes」を使って、この検査プロセスを変革しました。ドローンが空から高解像度の画像をすばやく捉え、Hermes が撮影された画像を分析し、ブレードに損傷がないかを調べることで、一段と安全で、迅速、正確な検査が可能になりました。...

続きを読む