コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

Posts

ベンダー ロックインを回避して、産業用 IoT ソリューションの導入を成功させる方法 

6 年前に Azure Industrial IoT チームを立ち上げて以来、私が参加してきたビジネスの意思決定者の会議では、あるトピックが議論の中心となる傾向にありました。ベンダー ロックインです。ベンダー ロックインとは、既存のシステムとの互換性を維持するために、これまで使用していたベンダーのソリューションを必然的に選ばなければならず、最適なソリューションを選択できないことを言います。...続きを読む

ハノーバー メッセ 2021: 製造業における今後の展望 

今年は、製造メーカーにとって厳しい年ではありますが、同時にエキサイティングな年ともなっています。デジタル変革の取り組みを加速させることで、対応し適応することに成功しているからです。今週開催されるハノーバー メッセ 2021: デジタル エディションでマイクロソフトのリーダーや、お客様、パートナーの話を聞いていただければ明らかなように、デジタル化がもたらすメリットはもはや疑う余地はありません。...続きを読む

研究開発の業務革新を支えるデジタル基盤、効率化や情報の利活用を支援 

製造業における DX (デジタルトランスフォーメーション) の取り組みは研究開発の領域にも広がってきました。いま研究開発の現場では、新たな事業価値創出に向けて、革新的な成果を効率よく生み出し、素早くに新事業につなげる仕組みづくりが求められています。ここで必要とされているのが、研究開発だけでなく、生産、販売 (市場) まで「イノベーション・サイクル」にかかわる一連のプロセス全体を網羅し、新規事業開発におけるアイデア創出から市場投入までの一連の工程を管理するインフラです。...続きを読む

Microsoft Teams を使用して仮想カイゼン イベントを実施する方法 

製造業は、長期にわたりデジタル イノベーションを推進し、成長に拍車をかけ、効率の再定義を後押しする取り組みを主導してきた業界の 1 つです。しかし、現在の混乱が (それらが移動制限、安全衛生上の予防意識の高まり、現代の新しい働き方の世界であれ)、製造業におけるアジャイル プロセスの改善促進に向けた従来のアプローチに疑問を投げかけています。...続きを読む

ハノーバー メッセ デジタル エディションの 5 つの必見・必参加プログラム 

ドイツのハノーバーに最後に皆さんをお招きしてから 2 年が経ちました。全世界で製造業界に従事する 220,000 人の皆さんと一緒に、さまざまな発表や展示を通してリーダーシップやイノベーションを共有し、思考を深めた当時のことが思い出されます。...続きを読む

製造業 DX に聖域なし、研究開発業務のデジタル変革が加速 

コロナ禍を契機に一段と加速する製造業の DX (デジタルトランスフォーメーション)。その取り組みが及ぶ領域は、ものづくりのプロセス全体にわたります。創造性を重視することから ”聖域” になりがちな研究開発も、例外にはなり得ません。新たな事業価値につながる革新的な成果を創出するために、研究開発にまつわる業務全体の変革を迫られています。その変革を進めるうえで大きな課題の 1 つとして浮上しているのが、広範囲に及ぶ膨大な情報を最大限に利活用するための新たな仕組みづくりです。...続きを読む

マイクロソフト、迅速な産業イノベーションのリーダー企業である Marsden Group を買収 

本日、マイクロソフトは、産業テクノロジのイノベーションとラピッド プロトタイピングのリーダー企業である Marsden Group を買収することを発表いたします。デジタル変革の最初の段階で主に指向されていたのは消費者向け産業でした。その後、インフラストラクチャ、製造、資源の分野で膨大な機会が新たに生まれました。現在も、多くの業種でデジタル変革のペースが加速し続けています。...続きを読む

Microsoft Cloud for Manufacturing の紹介 

パンデミックにより想像を絶する変化をこうむった製造業は最悪の事態を経験しました。ビジネス継続性、オペレーションの可視性、リモート ワーク、従業員の安全性などにおいて多大な混乱が発生したのです。 しかし、私たちが回復プロセスを歩む中で、製造業者も状況に対応し、絶え間なく適応しようとしています。...続きを読む

製造のニュー ノーマルにおけるスキル ギャップへの対応 

パンデミックが起きる前から、製造業は非常に素早く変化しており、従業員が変化についていくのが困難だったりもしていました。実際、Deloitte と Manufacturing Institute は、適切なスキル不足のために、2018 年から 2028 年まで、最大 240 万件の米国の製造関連の求人がずっと埋まらない状態になる可能性があると予想しています。...続きを読む

ブロックチェーンを活用してサプライ チェーンの回復性、トレーサビリティ、予測可能性を高める 

「ここ数年で多くの新しいテクノロジがサプライ チェーン業界を変えています。しかし、トレーサビリティの欠如、特に原材料に関するトレーサビリティ、および複数の企業間のデータに対する信頼性の欠如など、問題は残されています。これらの問題や、クラウド ハードウェアのサプライ チェーンに存在する他の多くの課題を解決するために、私たちのチームは新しいブロックチェーンをベースにしたソリューションを適用しています。...続きを読む

Industry 4.0: IoT が未来のアジャイルな工場を構築するカギに 

目まぐるしく変化するグローバル市場。それに適応する能力が、生き残るだけで精一杯のメーカーと繁栄を遂げるメーカーを分ける決め手となります。コロナ禍に伴いコストが上昇し、サプライチェーンの問題が次々と浮上、スキル格差は広がる一方で、課題がますます増えるなか、メーカー各社はインテリジェント クラウドやインテリジェント エッジ ソリューションに目を向け、スマートでアジャイルな工場の構築を目指す必要があります。...続きを読む

デジタル ツインがメーカーにもたらす競争上の優位性 

1970 年、NASA は危機に直面していました。アポロ 13 号の飛行中に酸素タンクが爆発し、3 名の乗組員の生命が脅かされたのです。彼らを救うべく、NASA のエンジニア チームは地球上でアポロ 13 号のレプリカを使用。乗組員が利用できることがわかっている手段を用いて、彼らを無事地球に帰還させる方法を捻り出しました。そして今、それと同じアプローチが “デジタル ツイン” と呼ばれるようになり、メーカーのよりアジャイルで革新的な体制を実現する強力なツールとして登場しています。...続きを読む