コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

Posts

製造のニュー ノーマルにおけるスキル ギャップへの対応 

パンデミックが起きる前から、製造業は非常に素早く変化しており、従業員が変化についていくのが困難だったりもしていました。実際、Deloitte と Manufacturing Institute は、適切なスキル不足のために、2018 年から 2028 年まで、最大 240 万件の米国の製造関連の求人がずっと埋まらない状態になる可能性があると予想しています。...続きを読む

ブロックチェーンを活用してサプライ チェーンの回復性、トレーサビリティ、予測可能性を高める 

「ここ数年で多くの新しいテクノロジがサプライ チェーン業界を変えています。しかし、トレーサビリティの欠如、特に原材料に関するトレーサビリティ、および複数の企業間のデータに対する信頼性の欠如など、問題は残されています。これらの問題や、クラウド ハードウェアのサプライ チェーンに存在する他の多くの課題を解決するために、私たちのチームは新しいブロックチェーンをベースにしたソリューションを適用しています。...続きを読む

Industry 4.0: IoT が未来のアジャイルな工場を構築するカギに 

目まぐるしく変化するグローバル市場。それに適応する能力が、生き残るだけで精一杯のメーカーと繁栄を遂げるメーカーを分ける決め手となります。コロナ禍に伴いコストが上昇し、サプライチェーンの問題が次々と浮上、スキル格差は広がる一方で、課題がますます増えるなか、メーカー各社はインテリジェント クラウドやインテリジェント エッジ ソリューションに目を向け、スマートでアジャイルな工場の構築を目指す必要があります。...続きを読む

デジタル ツインがメーカーにもたらす競争上の優位性 

1970 年、NASA は危機に直面していました。アポロ 13 号の飛行中に酸素タンクが爆発し、3 名の乗組員の生命が脅かされたのです。彼らを救うべく、NASA のエンジニア チームは地球上でアポロ 13 号のレプリカを使用。乗組員が利用できることがわかっている手段を用いて、彼らを無事地球に帰還させる方法を捻り出しました。そして今、それと同じアプローチが “デジタル ツイン” と呼ばれるようになり、メーカーのよりアジャイルで革新的な体制を実現する強力なツールとして登場しています。...続きを読む

「データ活用」で進化するプロセス製造業、情報の一元化がもたらす新たな可能性 

化学製品、石油、金属、ガラス、鉱物などを扱う、いわゆるプロセス製造業において、新たな発展を目指してDX (デジタル トランスフォーメーション) に取り組む動きが進んでいます。...続きを読む

いよいよ本格化するプロセス製造の DX、課題解決のカギを握るデータ活用 

コロナ禍を契機に DX (デジタル トランスフォーメーション) を加速する機運が産業界で高まっています。こうした中、化学製品、石油、金属、ガラス、鉱物などを扱う、いわゆるプロセス製造業では、社会や市場の変化とともに日増しに深刻化する業界の課題を乗り越えるために、デジタル技術による変革に取り組む動きが本格化してきました。自動車や電子機器などさまざまな部品を集めて組み立てるディスクリート製造業とは、特性が大きく異なるプロセス製造業ですが、変革を進めるうえでの大きなカギを握っているのは、ディスクリート製造業と同様に「データ活用」です。...続きを読む

「Creators Wanted」キャンペーン: 求められるのは回復力のある 持続可能な未来の製造業を実現するクリエイター 

MFG Day (全米製造業の日) のナショナル スポンサーであるマイクロソフトの製造業担当チームは、データに基づくインテリジェントな製造業の実現によってスキル ギャップを埋め、多様な人材を触発することを目的とする、#CreatorsWanted 運動に参加できることを誇りに思っています。インテリジェント製造業は、製造企業のお客様がデジタル変革を実現し、成長を成し遂げ、顧客と社会に卓越した成果をもたらす刺激的な方法で、私たちの将来を形作るものです。...続きを読む

加速するサプライチェーンの「インテリジェント化」、データ活用の成果は着実に形に 

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて様々な支障をきたしたことをキッカケに、サプライチェーンの基盤強化に取り組む機運が製造業において高まっています。事業環境の変化や予測していなかった問題にも柔軟に対応可能で、被害を受けても速やかに回復できる強靱なサプライチェーンを構築するための重要なポイントが、サプライチェーン全体から創出されるデータを効果的に活用して、サプライチェーン全体の最適化を図ることができるインテリジェントな情報基盤を実現することです。そのためのソリューションを展開しているマイクロソフトは、いち早く自社のサプライチェーンでその成果を出しています。さらに、具体的な成果を出しているユーザーも着実に増えています。...続きを読む

生産IoT Signals の調査 (第 2 版): 2020 年以降に向けたグローバルな分析情報 

※本ブログは、米国時間 2020 年 10 月 6 日に公開された IoT Signals Research, edition 2: global insights for 2020 and beyond の翻訳です。 お客様のビジネスで既に IoT を利用している場合、長期的な成功には IoT が不可欠だと確信していることでしょう。他のお客様も同様です。本日公開された Microsoft の最新の年次報告書である IoT Signals (第 2 版) によれば、意思決定者の 90% が現在では自社の成功には IoT が不可欠であると確信しています。この 6 か月間は控えめに言っても激動の時期でしたが、ビジネスに関する意思決定者の多くにとっては、つながった安全な未来へ向けた取り組みを意外と加速させるものでした。...続きを読む

ポスト コロナに向けたサプライチェーン構築、課題はデジタル化によるプラットフォーム強化 

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行によって、製造業に携わる多くの企業がサプライチェーンに大きな打撃を受けました。こうした企業を中心に、サプライチェーンの強化に乗り出す機運が高まっています。ここで課題としてクローズアップされているのが、事業環境の変化や想定外の問題に速やかに対応できる「柔軟性」と、被害を受けても短期間で回復する「復元力」を備えたサプライチェーン、いわゆる「レジリエントなサプライチェーン」を構築することです。それを実現するために欠かせない重要なポイントは、サプライチェーンを巡る大量の情報 (データ) を一元的に活用できる、インテリジェントな基盤を構築することです。ここでは、製造業のサプライチェーンが直面している課題を整理しながら、サプライチェーンのインテリジェント化に向けてマイクロソフトが展開している具体的なソリューションとその事例を紹介します。...続きを読む

【危機を越える DX】秘訣は「How」と「Why」の定義付け 

新型コロナウイルスを契機に、これまで以上に注目が集まる DX (デジタルトランスフォーメーション)。なかでも特に DX の必要性に迫られている業界のひとつが、国内 GDP の約 20% 弱を占める製造業だ。 「コロナショック」による、サプライチェーン (供給網) の分断や世界的な需要の低迷による大打撃。さらに現場でのリモートワーク導入の難しさなど、新たな課題も浮き彫りになっている。...続きを読む

ビジネス変革を見据えた製造業 DX、データモデル「CDM」の強化で基礎を整備 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ ~ 第 7 回 データを活用してビジネスモデルにおよぶ企業の変革を進める「デジタル トランスフォーメーション (DX)」。この概念を実践し、新たな競争力を身に着けることは、ポスト コロナを企業が生き抜くうえで不可避という認識が製造業に広がっています。これとともに重要性がクローズアップされているのが、ものづくりのバリューチェーンから集めたデータを活用する仕組みです。...続きを読む