コンテンツへスキップ
スキップしてメイン コンテンツへ
マイクロソフト業界別の記事

関西ものづくりワールド 2019 に出展します 

日本マイクロソフトは2019年10月2日から4日まで大阪で開催される関西ものづくりワールド 2019 AI/IoT 展に出展します。 <イベント概要> 開催日時:2019年10月2日(水) ~ 10月4日(金) 開催場所:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102) 主催:リードエグジビションジャパン株式会社...

続きを読む

モノのインターネット (IoT) の普及、マイクロソフトの調査で明らかに 

マイクロソフトが行った最新の “IoT Signals” 調査によれば、世界の大企業の 80% 以上がモノのインターネット (IoT) ソリューションの導入を進めており、2 年以内に企業の 94% がこの “見えない革命” を実現すると予測されています。...

続きを読む

オープンな産業用 IoT エコシステムを構築する 

全体効率ダッシュボードに、予測メンテナンスに、資産の監視。デジタル化に伴って新たに誕生する各種ビジネス。オートメーション企業や、機械メーカー、製造業者は、こうした産業用 IoT (IIoT) の機能を活かして、業務効率を最大限まで引き上げようとしています。...

続きを読む

製造業がIoT 導入で世界的リーダーになった過程 

このブログは、マイクロソフトの最新の調査 IoT Signals に焦点を当てたシリーズ第一弾となる記事です。毎週、新しい最重要トピックを取り上げ、さまざまな業界の IoT 導入の現状、ビジネス リーダーが独自の IoT 戦略を策定する方法、企業が IoT を用いてパートナーや顧客向けのサービスを改善すべき理由に関する洞察を提供します。...

続きを読む

IDC MarketScape: マイクロソフトを製造、 エネルギー業界向け IIoT プラットフォームのリーダーと評価 

製造業界、石油 & ガス業界、公益業は、IoT によるイノベーションの加速に全力で取り組んでいる垂直市場です。これらの業界の多くの企業が独自の産業用 IoT (IIoT) 戦略とプラクティスを策定し、データ ストリームを活用する新たな方法を探し、デジタルの可能性を引き出すプラットフォームに Azure IoT を選択しつつあります。...

続きを読む

産業機械メーカー Bühler と マイクロソフト、デジタル化の 未来に向け提携 

スイスを拠点とする Bühler グループは、食品加工や金型鋳造で使用される高性能マシンの製造で世界をリードする企業です。最近の Bühler のイノベーションには、低エネルギー電子線を用いた食品の殺菌処理や、省エネでありながらスクラップを大幅に削減できる金型鋳造機などがあります。...

続きを読む

thyssenkrupp、より良い未来を 目指しデジタル変革を推進 

thyssenkrupp AG は、現代の製造においてテクノロジが担う重要な役割を十分に理解しています。そのため、同社は 6 年前に徹底したビジネスの変革に乗り出し、顧客により大きな価値を提供して競合他社からの差別化を図るためのさらなる効率化に向け、取り組みを開始したのです。...

続きを読む

『The Future Computed: AI と製造業』 

本日、マイクロソフトは、『The Future Computed: AI と製造業』(The Future Computed: AI and Manufacturing:英語) を公表しました。本書では、人工知能 (AI) がデジタル業務の最適化と効率の向上、新しい製品やサービスの実現、より安全な職場環境の整備により、製造業の分野をどのように変革していくかを詳しく説明します。...

続きを読む

「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか 」セミナー資料ダウンロード 

2019年4月22日(月)東京、4月25日(木)大阪にて開催されました、ハノーバーメッセのRecap(復習)セミナー「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか―ハノーバーメッセ2019に見る先進事例と将来像」の資料をこちらからダウンロードいただけます。...

続きを読む