コンテンツへスキップ
スキップしてメイン コンテンツへ
マイクロソフト業界別の記事

Hololens を使って工場で働く女性

(2019 年 3 月 21 日に米国で公開されたブログの抄訳をベースにしています)

4 月初旬、世界中から 20 万人以上が参加するハノーバー メッセ (HM) がドイツのハノーバーで開催されます。今年、ハノーバー メッセ 2019 へのマイクロソフトの出展では、今日、顧客やパートナーがマイクロソフトの技術を活用して、どのようにインテリジェント製造業の未来を実現しているかを紹介します。生産段階から “サービスとしての製品”を作り出す製造工程の見直しなど、インテリジェント製造業は事業運営に関するあらゆる意思決定に対応する必要があります。

製造業者は、多様化する顧客ベースに対応するために、フレキシブルな製品とサービスを提供しなくてはなりません。また、デジタルに詳しい従業員と、貴重な製造経験を積んだベテラン従業員との間で生まれているスキル ギャップを解消しなければなりません。さらに、デジタル製造技術を最適化することで、店舗フロア、あるいは、サプライ チェーン全体に関係なく、従業員の能力を強化することも必要です。

ハノーバー メッセでは、製造工程を再建、新サービスの提供、従業員の能力強化、およびデジタル運営の最適化など、マイクロソフトの顧客とパートナーがどのようにして当社のソリューションを使用して、イノベーションを実現しているかを学ぶことができます。

製造業の再建

インテリジェント製造業は、スマート シティ、スマート ビル、スマート ホーム、スマート カーから、世界に食糧を供給するスマート農業まで、すべてに関わる組織をサポートする必要があります。これは第 4 次産業革命です。IoT に 50 億ドルの投資を行うというマイクロソフトの取り組みは、製造業者間のイノベーションの新たな波と、それらの製造業者が影響を及ぼす持続可能で信頼のあるバリュー チェーンの重要な成功への鍵です。

ハノーバー メッセ 2019 で、参加者の方は、製造業社がマイクロソフトの AI の社会貢献を利用して、持続可能で責任ある製品とサービスを提供し、職場における人間の能力を拡大させる方法を学ぶことができます。マイクロソフトは最近、組織内での AI の戦略的適用方法に関する経営層の洞察と実用的なガイダンスを共有する場として、AI Business School を立ち上げました。

製造業の再建とは、新しい技術だけにとどまりません。最高の製品を作ることに重点を置くことから、最高の顧客と社会的成果を生み出すことへ移行することなのです。

革新的なサービスの提供

機能を満載した製品や激化する価格競争があふれている今日の市場において、製造業者は、デジタル サービスを使用して新たなビジネス価値を生み出し、より強固な顧客関係を構築する方法を模索しています。ハノーバー メッセでマイクロソフトは、製造業者が自社のポートフォリオにサービスを追加する方法を詳しく紹介し、企業が製品を差別化して競争力を獲得できるようにします。

たとえば、Microsoft Dynamics 365 Connected Field Service を、日立ソリューションズなどの弊社パートナーのソリューションと共に使用することで、製品の仮想表現を利用して使用法やパフォーマンスを分析できます。この情報を利用してデジタル サービス (予測メンテナンスなど) を構築し、クライアントにとっての価値を拡大します。

従業員を強化

製造業ではスキル ギャップは拡大しており、製造業者は、数十年もの間、工場で作業に携わってきた作業者の経験を維持しつつ、次世代の従業員の関心を引かなければなりません。どのような企業の従業員でも、常に変化し続けるデジタル製造の世界に付いていくために必要なスキルを取得する必要があります。

最前線で働く従業員がデジタルに対応した製造環境を運営、維持し、その環境で成功するのに必要な能力を身に付けることができるよう、Microsoft Teams ではチームワーク用のハブを 1 つ提供しています。これにより、インテリジェントな職場で、リアルタイムのコミュニケーション、生産の調整、業務効率の改善、およびビジネス プロセスの変革を行うことができます。

従業員強化のもう 1 つの例として、従業員は、デジタル ソリューションの操作方法を学ぶ際に直感的かつイマーシブで、能力強化に役立つ経験が得られるという利点があります。マイクロソフトはその独自の立ち位置を生かして、企業が複合現実ソリューションの使用により従業員の潜在能力を活用できるよう支援します。HoloLens 2 などのデバイスを Dynamics 365 Guides および Dynamics 365 Remote Assist と共に使用することにより、仮想的な方法で業界全体のスキル ギャップを削減できます。

ハノーバー メッセのマイクロソフト ブースには、マイクロソフトのパートナーである PTC も参加します。PTC は、マイクロソフトと PTC のスケーラブルな複合現実ソリューションによって、Howden の顧客がどのようにして予期せぬダウンタイムに関連する課題とコストを防止し、以前は推測と事後分析に頼っていた全体的なメンテナンス戦略をより効果的に連動させることができるようになったかを紹介する予定です。

デジタル運営を最適化

製品とサービスを顧客向けにカスタマイズする需要の増加により、俊敏で応答性に優れたエンドツーエンドの運営がこれまで以上に重要になっています。また、適切な製品とサービスを適切な顧客に適切なタイミングで提供するには、デジタル ファクトリーとインテリジェント サプライ チェーンの統合が必要です。

高度に構成された製品を多数の複雑なプロセスで生産するような環境は、自動化された物理的な大量生産には適しません。製造業者は、未来の工場のオペレーショナル テクノロジ (OT) を情報技術 (IT) によって強化する必要があります。現在では、AI、複合現実、クラウド ベースの製造業ソリューションのほか、最前線で働く作業員のトレーニングがここに含まれます。

工場内部の改善だけでなく、今日の製造業者は、地球上のすべての SKU やコンテナ トラックに常時接続でき、その運営をサプライ チェーン全体にわたって動的に管理できます。ハノーバー メッセでマイクロソフトは、サプライ チェーンを最適化することによってどのように数百万ドルの運転資本が解放され、在庫削減が実現したかを紹介します。

さらに大手サプライ チェーン パートナーである JDA が、コグニティブ SaaS ソリューションを紹介します。これは、サプライ チェーン全体で不測のイベントを検知して中断による潜在的影響を特定し、是正処置を調整するものです。

ハノーバー メッセでは、インテリジェント製造業を体験できる上に、下記のリンクでは弊社の他の催し物をご紹介しています。
ハノーバー メッセ 2019 のマイクロソフトのページ
各イベントをチェックしていただき、みなさまのご参加お待ちしております。

製造業者がデジタル製造業を実現することによってエクセレンスを実現するためにマイクロソフトがどのようにお役に立てるかについては、上記リンクからご確認ください。