コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

※ 本ブログは、米国時間 2019 年 11月 14 日に公開されたForrester names Microsoft a leader in Wave report for Industrial IoT Software Platformsの翻訳です。

 

企業として、マイクロソフトは、地球上のすべての人々がより多くのことを達成できるよう日々取り組んでいます。その一環として、マイクロソフトは、ユビキタス コンピューティングを加速させ、さまざまな業界にわたって比類ない変革機会をもたらす 2 つのテクノロジのトレンド、IoT とインテリジェント エッジに全力を注いでいます。また、Azure IoT プラットフォームをよりオープンで、より強力なセキュリティを備えた、スケーラブルなプラットフォームにするとともに、新しい市場領域および成長を続けるマイクロソフトのパートナー エコシステムにおける機会を創出するために懸命に取り組んでいます。そして、接続されたデバイスをあらゆる層で保護し、IoT を進化させ、現実世界とデジタル世界をつなぐよりシームレスなエクスペリエンスを実現するという業界の課題への対処に焦点を置いています。

本日、マイクロソフトは「The Forrester Wave™: Industrial IoT Software Platforms, Q4 2019」においてリーダーとして位置付けられ、「Partner Strategy (パートナー戦略)」、「Innovation Roadmap (変革ロードマップ)」、および「Platform Differentiation (プラットフォームの差別化)」の分野で満点 (5.00) を記録し、「Market Presence (市場でのプレゼンス)」カテゴリで最高スコアを、「Current Offering (提供中の製品)」カテゴリで 2 番目に高いスコアを獲得しました。

 

Forrester レポートでは次のように述べられています。「マイクロソフトは、産業界のパートナーの能力を強化するだけでなく、独自の信頼性の高いプラットフォームを提供しています。この市場における前回の評価以降、マイクロソフトは、Azure IoT Edge のより充実したエッジ機能、Azure IoT Centralの正式リリースで提供される単純化されたアプリケーションとデバイスのオンボーディングなど、目覚ましい速度でプラットフォームに機能を追加し続けています」

マイクロソフトは、この最新の評価がマイクロソフトの以下のコミットメントと能力にスポットを当てたものであると考えています。

エッジからクラウドまで、包括的な一連の展開モデルをサポートする。マイクロソフトが独自に実施した IoT Signals 調査によると、調査対象の意思決定者は、今後 2 年以内に、AI、エッジ コンピューティング、および 5G が IoT の成功に欠かせない技術的要因になると考えています。また、これらの意思決定者は、さまざまな展開モデルにわたって成功を促進できるツールを必要としています。

 

接続とデバイス管理を超えるビジネス統合を実現する。さまざまな業務にわたって IoT ワークフローをデータおよびプロセスにリンクさせる重要性がますます高まる中で、マイクロソフトは、お客様が価値実現までの時間を短縮できるよう支援しています。

分析を実用的なインテリジェンスに変換する。産業企業は、大量の時系列データをリアルタイムに収集および生成しています。このデータをタイムリーな洞察に変換することが、そのデータを、ビジネスを前進させる意思決定へと変えるための鍵となります。
IoT Software Platformにおけるベンダー各社の勢力チャート

マイクロソフトは、Azure を理想的な IoT プラットフォームにする取り組みに力を入れており、この評価はマイクロソフトの取り組みにおいて非常にタイムリーであると言えます。こちらからレポート全文を無料でダウンロードして、マイクロソフトのリーダーとしての位置付けの背景にある分析についてお読みください。

 

Azure IoT 産業用プラットフォームの詳細については、こちらのサイトを参照してください。

The Forrester Wave™: Industrial IoT Software Platforms, Q4 2019Michele Pelino および Paul Miller2019 11 13 日。このグラフィックは、リサーチ文書の一部として Forrester Research によって発行されたものであり、文書全体との関連で評価する必要があります。