工場で話し合う男性

※本ブログは、米国時間 2022 年 8 月 11 日に公開された Top 6 findings from IoT Signals: Manufacturing Spotlight の翻訳です。

※下記で紹介しているイベントコンテンツは、すべて英語で提供されています。

現代のダイナミックな製造業界を勝ち抜くためには、組織に俊敏性、回復性、持続可能性があることが求められます。変化し続ける社会の中で、多くの製造業者が、自社の製品やオペレーションをよりスマートにするために、モノのインターネット (IoT)、AI、デジタル ツインといった高度なテクノロジを製造に取り入れた革新的なソリューションに投資を行っています。

こうした状況を背景に、マイクロソフトは、2022 年 8 月の『IoT Signals』レポートで製造業界にスポットライトを当てることにしました。『IoT Signals』は、IoT 業界の発展やテクノロジに関する最新の動向をコミュニティに伝えるために、影響力の高いソート リーダーシップに関するコンテンツをマイクロソフトが選び抜いて紹介するシリーズです。2019 年に公開した最初のレポートでは、アンケートに基づく広範囲の調査により、製造業界、エネルギー業界から医療業界、小売業界まで、さまざまな業界にわたる広い視点で IoT を紹介しました。

今回のレポート、 IoT Signals: Manufacturing Spotlight (英語) では、マイクロソフト、インテル社、IoT Analytics 社が、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋でディスクリート製造、ハイブリッド製造、またはプロセス製造のデジタル変革イニシアティブに取り組んでいる意思決定者 500 人にアンケートを実施しました。一部の参加者には、より詳しい聞き取り調査を行い、それぞれの変革戦略、実施計画、課題について詳しく確認しました。

製造業のデジタル変革と IoT に関する 6 つの重要な知見

製造業に関する今回の新しい IoT レポートでは、デジタル変革ジャーニーを始めた現実世界の製造業者から知見を引き出すことができました。また、製造業における、特に製造オペレーションやスマート製品という領域の産業用 IoT デバイスとテクノロジの状態に関する新たな発見もありました。

今回の調査を通して、製造業のデジタル変革と IoT に関する 6 つの重要な動向が明らかになりました。

  1. ほとんどの製造業者が、スマート工場を構築するための取り組みを進めている。アンケート回答者のうち 4 人に 3 人 (72%) が、スマート工場戦略を実施していると回答しています。
  2. 製造業者の最優先目標は、やはりオペレーションの改善である。アンケート回答者のうち 5 人に 4 人が、設備総合効率 (OEE: Overall Equipment Effectiveness) を、スマート工場戦略の成果を評価するための最も重要な業績評価指標と見なしていると回答しています。
  3. 組織の投資対象は、工業オートメーションベースのプロセス制御へとシフトしている。これまで、ほとんどの製造業者は、スマート工場プロジェクトの焦点を品質制御と状態基準保全に置いてきました。しかし、俊敏性の向上に対するニーズにより、こうした組織は、次の 3 年の投資対象を工業オートメーションベースのプロセス制御 (IoT や AI などの自動制御システムを使用して製造プロセスを自動化すること) へシフトしています。
  4. 製造業者は、スマート工場イニシアティブの拡大で新しい課題に直面している。回答者の半分が、新しいソフトウェア アプリケーションの開発で課題に直面していると回答し、大半 (10 人に 8 人) が、スキル不足 (特にデータ サイエンス、AI、サイバーセキュリティの分野) への対処に取り組んでいると回答しています。
  5. 製造業界では IT-OT コンバージェンスが起きている。製造資産の 76% が接続された今、多くの製造業者が、オンプレミスのインフラストラクチャのワークロードやアプリケーションを、パブリックやプライベートのクラウド プラットフォームへ移行しています。
  6. 製造業者はスマート コネクテッド IoT 製品への投資を増やそうとしている。製造業の組織は、スマート コネクテッド IoT 製品を使用して自社のオペレーションを最適化するだけではなく、そうした製品を顧客に販売することで新たな収益源を作り出そうともしています。スマート コネクテッド IoT 製品をすでに販売している製造業者は、付加価値を付けたサービス (予測保守や遠隔サポートなど) を重視して、現在は 33% を占めている投資を 2025 年までに 47% に増やすことを予定しています。

この 6 つの重要な動向が生まれた要因や、製造業のデジタル変革の 6 つの重要な要素について詳しく理解するには、 IoT Signals: Manufacturing Spotlight (英語) をご覧ください。

製造業のデジタル変革の 6 つの重要な知見についてのイメージ図

Microsoft Cloud for Manufacturing によるデジタル変革の加速と IoT の導入

製造業の IoT に関するこのレポートで紹介している 6 つの重要な知見には、共通する 1 つのテーマが存在します。それは、世界中の製造業者がデジタル変革のための取り組みを進めているということです。こうした組織は、製造業を再創造し、回復性と持続可能性の高い未来を築くために、革新的なソリューションを取り入れています。

IoT 産業用デバイス、AI、デジタル ツインといった変革的テクノロジを導入することで、製造業組織は次のことが可能になります。

  • 従業員を変革する。高度なデータ分析、IT サイバーセキュリティといった話になると、製造業者の 10 社に 8 社は、重大なスキル不足が少なくとも 1 つ存在すると回答しています。このような状況のため、製造業者は、スキル不足の解消と従業員の生産性向上に役立つツールを探しています。現代の製造業者は、デジタル ツールとモダン デバイスを介して、リアルタイムの共同作業を可能にし、研修を強化し、従業員の健康と安全を高めるという方法により、最前線にいる従業員の能力を強化することで、従業員を変革 (英語) できます。
  • より俊敏性の高い工場を構築する。急速な変化にすばやく適応する能力が、単に生き残るだけの製造業者になるか、勝ち抜く製造業者になるかを決定付ける要素です。だからこそ、世界中の製造業者が、より俊敏性の高いスマートな工場を構築 (英語) するために高度なテクノロジを取り入れています
  • より回復性の高いサプライ チェーンを構築する。このレポートによると、製造業者の 74% が、サプライ チェーンの回復性を最重要課題に位置付けています。サプライ チェーンの混乱を未然に防ぐ、あるいは最小限に抑えることが、かつてないほどに製造業者に求められるようになった今、これは驚くことではありません。Microsoft Cloud for Manufacturing はすでに、サプライ チェーンのエンド ツー エンドの可視性の向上、ならびにサプライ チェーンの回復性の強化を実現できるように製造業者を支援しています。
  • 新しい方法で顧客とつながる。製造業界を勝ち抜くためには、顧客エンゲージメントが極めて重要です。顧客とつながる (英語) 革新的な方法を製造業者が探し求めている今、多くの企業が、スマート コネクテッド IoT 製品を販売しています。私たちの調査によると、現在、製造業者の製品収益の 33% が、スマート製品から得られています。
  • イノベーションを推進して新しいサービスを提供する。製造業者は、回復性の高い未来を築くために高度なテクノロジに投資しています。私たちの調査によると、製造業者の 28% がデジタル ツインを展開しており、そのうちの 4% は工場への配備を完了しています。製造業者の 45% は、デジタル ツインの開発段階および概念検証 (POC: Proof of Concept) 段階にあります。拡張現実 (AR: Augmented Reality) についても、39% が同段階にあります。
  • 環境への影響を減らす。製造業の取締役員のほとんど (59%) が、カーボン フットプリントを減らすことを重要な焦点領域と考えています。製造業者は、クラウドベースのオートメーション、機械学習、AI により、コストを抑えて安全性を向上させつつサステナビリティを推進するというユニークな立場にあります。
  • セキュリティを強化する。製造業の組織にとって、セキュリティは最重要課題です。製造業者の 62% が厳しいデータ プライバシー ポリシーを適用しています。次の 3 年間に、製造業者はサイバーセキュリティ インシデントの平均検出時間を 30% 短縮する予定です。

IoT による製造で回復性の高い未来を築く

製造業組織は、COVID-19 から得られた教訓を活かし、回復性を高め、より良い未来を築こうとしています。俊敏性の向上、顧客エンゲージメントの改善、成長の促進のために取り組む製造業者にとって、デジタル変革は今後も最優先課題であり続けます。現実世界の製造業者のデジタル変革ジャーニーから得られた知見を、IoT Signals: Manufacturing Spotlight (英語) レポートでご覧ください。