工場で生産管理に従事する女性

※本ブログは、米国時間 2022 年 6 月 30 日に公開された Microsoft Cloud for Manufacturing: Build agile factories of the future の翻訳です。

※下記で紹介しているイベントコンテンツは、すべて英語で提供されています。

今日のペースの速い製造業界では、急激な変化にすばやく適応する能力が、生き残るだけで精一杯の企業となるのか、繁栄を遂げる企業となるのかを分ける決め手となります。コストの増大、サプライ チェーンの問題、スキル ギャップなどの継続的な問題に直面し、多くの製造企業は、より回復力の高い、持続可能な未来を実現するために、アジャイルなスマート ファクトリを構築しています。これらの企業は、サプライ チェーンの可視性を改善し、効率性を高め、製造プロセス全体を合理化するために、革新的な製造ソリューションを利用しています。

製造業で優位に立つには、今こそ、インテリジェント クラウド ソリューションを取り入れ、新たなレベルの俊敏性を促進するべきです。その方法については、マイクロソフトがオンデマンドでお届けするウェビナー シリーズ第 4 弾「Microsoft Cloud for Manufacturing シリーズ: パート 4 – アジャイルな未来の工場 (英語)」をご覧ください。製造プロセスに関する明確な洞察を獲得して、情報に基づいた意思決定を行い、業務内での品質、生産性、および効率性を向上させる方法を学ぶことができます。また、データ主導のマインドセットを取り入れることにより、アジャイルなスマート ファクトリを構築している、Outokumpu (英語) などのマイクロソフトのお客様の成功事例もご覧いただけます。

「購入する鋼鉄コイルがどこで製造されたもので、何が含まれ、その CO2 フットプリントがどれだけ大きいかを正確に知ることができるテクノロジが存在するとしたらどうでしょう。一定の環境フットプリントを保証する能力という、現在はほかの誰も持っていない新しい機能で、新たなビジネス機会を生み出すことができます。」

— Stefan Erdmann 氏、Outokumpu シニア バイス プレジデント兼 CTO

こちらのウェビナーでは、現在プレビュー版が提供されている Microsoft Cloud for Manufacturing についても詳しく説明します。人材、資産、ワークフロー、ビジネス プロセスを安全につなぐ、業界向けにカスタマイズされたこのエンドツーエンドのクラウド プラットフォームにより、どのようにして俊敏性を高めることができるのかをご確認ください。  

革新的な製造ソリューションでのスマート ファクトリの構築

最近の調査は、業務効率と俊敏性の向上は製造企業にとって最優先事項となっており、製造企業各社はインテリジェントな製造ソリューションおよびスマート ファクトリ戦略を通してこの目標を達成するために取り組んでいることを示しています。500 社以上の製造企業を調査対象とした、近日発表の Microsoft 2022 IoT Signals レポートによると、世界中のほとんどの製造企業がスマート ファクトリを構築する取り組みを加速させています。

このレポートは、業務効率は未だに製造企業にとって最優先目標であることも示しています。製造企業 5 社のうちの 4 社が、総合設備効率 (OEE) が最も重要な改善領域であると考えています。ただし今後 3 年間では、サイバーセキュリティ、サステナビリティ、および品質に関して最も大きな改善を想定しています。また、製造企業はスマート ファクトリの取り組みにおいて、特に新しいソフトウェア アプリケーションの開発やデータ サイエンス、AI、サイバーセキュリティでのスキル ギャップへの対処に関して、新たな課題に直面しています。

マイクロソフトのオンデマンドのウェビナー シリーズ第 4 弾では、マイクロソフトのパートナーである PTC Inc. とともに、これらを始めとする調査結果について解説します。また、PTC のクラウド ソリューションである Factory Insights as a Service (英語) を使用して、デジタル変革およびスマート ファクトリの取り組みを促進する方法についてもご紹介します。

さらに、先進的な製造企業各社が、モノのインターネット (IoT)、エッジ コンピューティング、AI、および機械学習をどのように取り入れて、実用的な洞察とリアルタイムの可視性を通して、パフォーマンスを向上させ、サプライ チェーンの変化を予測しているかについてもご説明します。製造企業各社は、よりアジャイルな工場を構築し、次の目的を達成するために、これらのツールを利用しています。

  • ビジネス継続性を確保し、回復力を高める。
  • 信頼性の高い品質と生産量で、安全でセキュリティ保護された製造を促進する。
  • 資源の利用を最適化する。

製造の俊敏性を向上させる 3 つの方法

  1. 資産の生産性を高める。製造企業は、予測テクノロジ、IoT、および複合現実を使用して、アジャイルな工場やスマートな製造プロセスを構築できます。これにより、コストを削減しながら、スループット、品質、および配送を改善することができます。
  2. 業務の可視性を強化する。工場システムおよびワークフロー全体の全方位的なビューを提供することにより、オペレーターが問題を分析し、ワークフロー効率を向上させることを可能にします。
  3. 製造業務を改善する。製造組織は、AI および自律システムで工場作業者にアドバイスし、支援し、強化することにより、生産効率と品質を向上させ、ダウンタイムを削減することができます。

アジャイルなスマート ファクトリを構築する方法の詳細については、インフォグラフィック「よりアジャイルな工場の構築 (英語)」をダウンロードしてください。

マイクロソフト パートナーによる俊敏性の向上

マイクロソフトの業界パートナー からなる大規模なエコシステムが、製造企業が最大の課題を克服するための追加のソリューションを提供することで、Microsoft Cloud for Manufacturing の価値を広げます。製造企業は、エッジ コンピューティングなどのこれらのインテリジェントな製造ソリューションの組み合わせを利用し、可視性を向上させ、よりアジャイルな工場を構築しています。

「製造業のエッジ環境は、サイトごとにインフラストラクチャ、データ、およびシステムが大きく異なり、非常に複雑です。このような環境で、重要なものをすべてリアルタイムでつなぐ必要があります。オープン スタンダード、クラウドベースのアーキテクチャ、グローバルなサービス提供、そしてクラス最高のセキュリティに重点を置いた Microsoft Cloud for Manufacturing は、障壁を取り除き、企業が成功を拡大可能にする効率性を生み出します。」

 — Catherine Kniker 氏、PTC Inc. 最高戦略責任者

また、世界中の飲料企業で利用されている供給機器を製造している Celli Group は、IoT を利用してビジネス モデルを変革しました。Celli Group はマイクロソフトと PTC と協力して、飲料が供給される場所に関する洞察を得ることができるスマート デバイスに機器を変える、コネクテッドな飲料供給システムである IntelliDraught を開発しました。このソリューションは、Celli Group のお客様 (英語) の、品質、販売、サービス、および在庫管理を改善します。

「お客様とやり取りをする際、当社がマイクロソフトと PTC と提携していることは、先方の IT チームの安心感につながります。」

— Paolo Cavalsassi 氏、Celli Group グローバル コマーシャル ディレクター

生産性の高い未来のスマート ファクトリの構築

コストの増大、サプライ チェーンの問題、スキル ギャップなどの課題がますます増えるなか、製造企業はインテリジェント クラウドやエッジ ソリューションを利用して、アジャイルなスマート ファクトリを構築しています。製造組織の将来を証明するには、産業用 IoT、クラウド、AI、および複合現実ソリューションを通してデータ主導の意思決定を行う新たな方法を見つける必要があります。これらのテクノロジおよびそれらにより提供される洞察は、製造施設内の品質、生産性、効率性を向上させ、変化にすばやく対応することを可能にします。

俊敏性を高め、製造業を再創造する新たな方法について、オンデマンド ウェビナー「Microsoft Cloud for Manufacturing シリーズ: パート 4 – アジャイルな未来の工場 (英語)」をご覧ください。ほかにも、インフォグラフィック「よりアジャイルな工場の構築 (英語)」をダウンロードして、洞察を得ることができます。