コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

※ この記事は 2019 年 1 月 29 日に日本マイクロソフト News Center より発信されたものです。

Smart Store

マイクロソフトは、WalmartGAPKrogerWalgreens Boots Alliance などの米国での流通業各社とパートナーシップを結び、Microsoft Azure をはじめとするクラウド、AI、IoT などを活用した各社のデジタル トランスフォーメーション推進を支援しています。マイクロソフトは、昨年 Adobe や SAP と発表した Open Data Initiative で表明したように、自社だけでなくパートナーによるソリューションを通して、流通業各社と競合することなく、流通業各社がデータを活用した高度な分析や業務の最適化、生産性の向上や新たなサービスが提供できるように、世界各地の市場の状況にあった施策を提供しています。

日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 平野 拓也) は、最新テクノロジとデータを活用してビジネス モデルを変革し、顧客志向で革新的なサービスを提供する次世代店舗モデル「Smart Store」の実現に向けた支援策を提供開始します。今回の支援策は、日本の市場特性を考慮した取り組みを施策にまとめて提供する日本独自の活動です。

現在、日本の流通業では、急速に変化していくビジネス環境への迅速な対応が求められており、当社ではこうした課題の解決および流通各社が競争力を発揮していくための支援を行います。今回の支援策は、以下の 3 つから構成されます。

1.「Smart Store」リファレンスアーキテクチャーの提供 (無償)

流通業各社が、他社差別化できるビジネス領域および革新的なサービス開発に経営資源を集中できるように、差別化する必要がない流通業界におけるシステム共通部分について、マイクロソフトによるリファレンスアーキテクチャーを提供します。リファレンスアーキテクチャーでは、キャッシュレスによるスマホ決済や、数百万の商品在庫を数百店舗で一括管理できる商品マスタ、および商品トランザクション管理など、店舗ビジネスにおける主要な業務シナリオ (ユースケース)、サンプル アプリケーション、およびサンプル コードを提供します。これらを活用することにより、流通各社は新規サービス開発期間、開発コスト、および運用コストを大幅削減し、イノベーション ライフサイクルを短縮化することができる見込みです (*1)。またパートナー企業各社も、リファレンスアーキテクチャーで提供される API で連携することで、AI や IoT を連携した先進的なソリューションを短期間かつ低コストで提供できるようになります。

リファレンスアーキテクチャーは、本日より GitHub 上で公開し、無償で利用可能です。現時点で公開されているリファレンスアーキテクチャーの対象は、サプライチェーンにおける決済および在庫管理部分が対象ですが、今後、メーカーから物流までのサプライチェーンの全てを順次カバーしていく予定です。

*1 リファレンスアーキテクチャーを活用した開発では、新規サービス開発期間5割枠減、実装方式設計コストを 7 割削減。将来的な運用コストは 5 割削減見込み。

Smart Store リファレンスアーキテクチャーを無償提供

2.「Smart Store」技術者育成プログラムの提供

「Smart Store」サービス開発ができる技術者の育成を目的に、「Smart Store」技術者育成プログラムを 2019 年 3 月より提供開始します。本プログラム参加を通して、AI や IoT をはじめとする先進テクノロジを活用したシステム構築に関する技術的な知識の習得を図ります。また、流通業に特化したビジネスハッカソンを実施し、「Smart Store」リファレンスアーキテクチャーを活用した実践的なアプローチの習得も予定しています。提供開始後 1 年間で 3,000 名の技術者育成を目指します。

Smart Store パートナー・技術者育成

3. 新規ビジネス開発支援

流通業各社が、競争他社と差別化した新規ビジネス開発ができるような支援策を提供します。マイクロソフトのデジタル トランスフォーメーション支援部隊であるデジタル アドバイザーが、各社の経営や事業ポートフォリオを考慮したコンサルティングを行う他、パートナー企業による新規ビジネス モデル開発に向けたアイディアソンなどを提供します。

日本マイクロソフトは、今後も流通業のお客様のデジタル トランスフォーメーション推進を支援するパートナーとして、幅広く取り組んでいきます。