積み上げられた赤やピンク、紫、青などさまざまな色の生地の反物

※本ブログは、米国時間 2021 年 1 月 13 日に公開された Introducing Microsoft Cloud for Retail の翻訳です。※下記で紹介しているイベントコンテンツは、すべて英語で提供されています。

2020 年が私たちに教えてくれたのは、あらゆる事態に対して回復力に富む企業はなかったということです。とはいえ、早くからデジタル化に取り組んでいた企業は、回復に向けて有利な立場にあり、デジタル化を加速している企業さえありました。その証拠に、小売業界におけるデジタル化で「10 年間の飛躍的な進化を成し遂げたのを目撃した」と述べた同業界の専門家もいます。これは、いささか誇張した表現です。私たちが生きる、デジタル ファーストの考え方が根付いた新しい世界に向けて、小売業界として取り組む必要があります。マイクロソフトでは、これをインテリジェント リテールの実現と呼びます。具体的には、デジタル ソリューションを使用して顧客への理解を深めること、新たな方法で従業員の能力を高めること、俊敏で回復力に富むサプライ チェーンを提供して、場所を問わずに顧客の要求を満たすこと、最終的には小売業界の将来を再構築することが挙げられます。本日、NRF 2021 において、マイクロソフトは Microsoft Cloud for Retail のプライベート プレビューを導入します。

これらの重点領域に沿って、2021 年も存続すると思われる 2020 年の新型コロナウイルス感染症で加速した 4 つのトレンドを以下に示します。

トレンド #1: データの急増と収益化

この記事の執筆時点で、40 ペタバイトの小売データが生成されています。違った観点で考えると、1 ペタバイトの歌を記録すると、それを聴くのに 2,000 年かかることになります。小売データは莫大な価値を秘めていますが、その 90% は非構造化データであるため、ノイズとシグナルを区別するが困難です。現在、マイクロソフトはこうしたデータのパワーを引き出すことができるように小売企業を支援しています。その内容は、顧客にインテリジェントな推奨を行う予測分析から、店舗または Web サイト内の買い物客とのつながりの確保、不正行為やシュリンケージへの取り組みに至るまで多岐にわたっています。マイクロソフトは、インベントリや店舗と同様に、小売データは小売企業にとって最も重要な資産の 1 つであると考えています。小売データについて戦略的な解釈と思考を行うことで、まったく新しいビジネス、収益源、消費者への差別化の道が拓けます。たとえば、最近、DICK’S Sporting Goods は Microsoft PromoteIQ と提携しました。これにより、DICK’S の Web サイトでのブランド可視化が強化され、より有意義かつパーソナライズされた方法で買い物客に接することができるようになりました。最初の 1 か月で以前の広告プロバイダーの収益を上回り、30% を超える前年比成長率を達成しました。

トレンド #2: 成功の共有に役立つパートナーシップとエコシステム

強固なパートナーシップは、小売企業を推進させることが可能です。私が目にした調査結果によると、こうしたパートナーシップにより、売上高の実績を 10 ~ 15% 増やすことができます。この増収は、小売チャネルに関係なく、場所を問わずに顧客の要求を満たせるように小売企業を支援することで実現します。さらに、パートナーシップにより、小売企業は既存の顧客関係に付加価値をもたらし、新しいスキルセットを利用することができます。マイクロソフトにとって、デジタル化に取り組むさまざまな小売企業のパートナーになることは真に栄誉なことです。こうした小売企業の例として、エンドツーエンドのコマース エクスペリエンスを変革するためにマイクロソフトと提携している FedEx (英語) や、店が再開したときに非接触型ショッピングへの消費者の要求を満たすために、Scan & Go (スキャン アンド ゴー) という新しいコンセプトを導入した、すばらしい取り組みを実践している Musgrave (英語)Woolworths Australia (英語) が挙げられます。

Columbia Sportswear の事例では、Dynamics 365 Commerce を使用して、顧客と販売店のいずれにも安全かつセキュアな購入エクスペリエンスを提供することで、店舗内の購入エクスペリエンスを速やかに方向転換できました。このたび、マイクロソフトは Dynamics 365 Commerce 向けの B2B e コマース機能を発表 (英語) します。マイクロソフトの多彩でインテリジェントな B2C 機能に基づいて構築されているため、小売企業は、単一の統合されたプラットフォームにより、効率的で直感的な購入エクスペリエンスを消費者とビジネス パートナーに提供できます。小売業界を見渡せば、世界中のさまざまな国のあらゆる形態と規模の小売企業がマイクロソフトとパートナーシップを結んでいます。

トレンド #3: 消費者とブランドの最優先事項は今後も持続可能性と e コマース

持続可能性に取り組んでいるブランドを購入することへの顧客の関心は、副次的なものから主要な動機付けへと変化しています。ある調査によると、顧客の約 67% は購入時に持続可能性への取り組みを考えます。この傾向は、世界的大流行の発生前に高まっていました。私は、昨年の NRF で繊維 (T シャツなど) の 85% が最終的にごみ処理場に行き着くことに言及しました。こうした事態を解決するために、主要な小売企業は行動を起こしています。Walmart は、2040 年までにゼロ エミッションの実現に取り組んでいます。H&M は、持続的に調達または再利用できる素材を 2030 年までに確保することを目指しています。私たちマイクロソフトでは、2030 年までにカーボン ネガティブ (英語) にする計画を進めており、消費分よりも多くの水を同じ年に補充する取り組みを実践しています。

トレンド #4: ロイヤルティとそれが意味するもの

世界的大流行は人々を心底まで震え上がらせました。その結果、顧客は購入パターンを変えています。米国では消費者の 75% がブランドや小売企業の変更といった新しい購入行動を報告しています。全世界の消費者の 50% は新しいブランドを試しています。さらに、消費者はオンラインでの購入を増やし、非接触型の商品受け取りをするようになっています。デジタル テクノロジに投資している小売企業は、こうした変化に対応して、新規顧客を引き付けながら既存顧客とのつながりも維持できる態勢を整えていることを証明しています。

こうしたトレンドが小売業界全体に及ぼす影響を私たちは目の当たりにしています。私と子供たちはメキシコ料理チェーン店 Chipotle の大ファンですが、ブリトー丼の注文に非接触型のデリバリーを見つける必要がありました。Microsoft Dynamics 365 Customer Insights を使用することで、Chipotleは顧客の好みをより詳しく知り、それが時間と共にどのように変化したのかを認識し、より多くの客をロイヤルティ プログラム メンバーに変えることができました。顧客はそれぞれ違いがあります。顧客に関する洞察を得ることができれば、Chipotle は顧客をパーソナライズしてひとりの個人として商品を売り込むことができます。Customer Insights を使用することで、私たちは顧客基盤を 30% 増加し、より多くの客をロイヤルティ プログラム メンバーに変えることができました。

カーブサイド ピックアップで何が起きているのかを見てみましょう。カーブサイドが 218% 増加する状況下で、小売の最前線を強化しているのが Microsoft Teams です。

Office Depot からメキシコ食料品店チェーンの Chedraui に至るまで、小売企業は新たなニュー ノーマルに適応しつつあります。これは、オフィスの最上階から工場のフロアのチームまで、従業員ベース全体で Microsoft Teams を導入することで可能になります。Office Depot では、仮想ストア ウォークスルーから 48 時間以内のカーブサイド ピックアップの稼働実現まで、すべてで Teams がメイン ツールとなっています。同様に、実店舗と提携店を自社の顔と考えている Chedraui は、Teams の新しいタスク発行機能を使用して、300 店を超える店舗表示などにより、顧客接点の一貫性と品質を推進しています。現場のスタッフに適切なツールを持たせることは、カーブサイド ピックアップの実現や、透明性の向上であれ、ニュー ノーマルの再構築 (英語) における小売企業の競争優位の一部となっています。

その一方で、情報力のある消費者が求めたときに、その正確な商品を小売企業が確実に提供するマイクロモーメントが顧客ロイヤルティの勝敗を左右します。Microsoft Azure は、1 日に 2 億件の購入予測を Walgreens (英語) に提供しており、適切なタイミングで適切な商品の在庫を確保します。 これは、かつてはバックオフィスの業務だった在庫予測や在庫精度を最新の小売業の最前線へ移行させる措置です。

こうしたあらゆる進歩により、私は 2021 年以降の小売業の将来を楽観的にとらえています。実際、マイクロソフトは小売業の営業案件とテクノロジが果たす役割に深く関与しているため、Microsoft Cloud for Retail のプライベート プレビューを導入するに至っています。

Microsoft Cloud for Retail では、統合されたインテリジェントな機能により、エンドツーエンドの買い物プロセス全体の購入エクスペリエンスをつなげることを目指しています。小売のバリュー チェーン全体で異種のデータ ソースを統合することにより、マイクロソフトは小売企業がデータの真の価値を実現できるようにします。これは、中核的なビジネス プロセスを強化し、データを実用的な洞察に転換することで可能になります。

Microsoft Azure、Microsoft Power Platform、Microsoft 365、Microsoft Dynamics 365、Microsoft Advertising の能力を開放することで、小売業固有のクラウド サービスは、価値実現までの時間短縮の促進を中心に展開されます。そのすべてが共通のデータ モデルで統括され、セキュリティとコンプライアンスのプラットフォーム上で構築されます。

マイクロソフトの充実したパートナー エコシステムは、小売業固有のソリューションでこのプラットフォームの価値を拡大し、緊急性が最も高い業界の課題に対処します。時代に左右されない小売企業は、先を見越して次に起こる事態に備えることができます。

Microsoft Cloud for Retail は、最も差し迫ったビジネス ニーズに対処する必須機能を柔軟に採用できるように設計されています。こうしたビジネス ニーズの例として、顧客への理解を深めること、従業員の能力を高めること、インテリジェントなサプライ チェーンを構築すること、ビジネス モデルを再構築することなどがあります。

Microsoft Cloud for Retail の最新ニュースを入手するには、当社の Web サイトをご覧ください。Microsoft Cloud for Retail (英語) について常に情報を取得し、顧客、従業員、小売データとつながる方法について理解を深めましょう。