コンテンツへスキップ

マイクロソフト業界別の記事

Posts

金融機関の DX 推進を支援する新たなパートナー協業プログラム “Microsoft Enterprise Accelerator – Fintech/Insurtech” のご案内 

日本マイクロソフト (以下、弊社) では金融機関のお客様のデジタルトランスフォーメーションを一層推進すべく、パートナー企業と協業して金融機関に対して効果的な提案を推進するプログラム “Microsoft Enterprise Accelerator – Fintech/Insurtech” を創設いたしました。現在 10 社のパートナー企業が本プログラムに参画し、今後は 30 社の参画を目標にプログラムの推進を行ってまいります。...続きを読む

オンラインシンポジウム「DLL Healthcare Day 2021 医療×AI への参入障壁を乗り越える」開催によせて 

人工知能 (AI)、機械学習 (ML) の実社会での実装を推進するためのコミュニティであり、日本マイクロソフトが幹事を務めるDeep Learning Lab (ディープラーニング・ラボ) では、2021 年 2 月 20 日 (土) の午前 10 時から、「...続きを読む

【流通・小売業向】マイクロソフトによる DX 戦略とご支援、グローバルでの成功事例のご紹介 

流通・小売業界は、これまでに例のない急激な転換期におり、小売業という形態が見直されはじめています。 業界の混乱、人手不足、顧客との関係性を維持するための差別化など、避けられない現実です。マイクロソフトはテクノロジと製品の両輪で、既存の小売業ビジネスの皆様に向けて次の新たな価値創造を支援します。...続きを読む

「AI の民主化ってこういうことか」―Francfranc の IT 部門がゼロから AI を内製できたワケ DX 実現までの 6 か月の軌跡 

大手 IT 企業や研究機関では、日進月歩で AI の研究や応用が進んでいる。特定のタスクに限っていえば AI の判断能力はすでに人間を超えているため、先進的な AI アルゴリズムとそれを実行できるだけの計算資源、そして分析対象のデータベースを持つことは、“持たざる者” に対して絶対的に有利になることを意味する。 逆に、持たざる者は現在もしくは将来的に厳しい立場に置かれることになる。しかも、AI やデータ分析のスペシャリストは市場に多くない。政府の育成戦略によって AI 人材が生まれるのも早くて 2025 年で、人材不足の状況はしばらく改善されそうにない。...続きを読む

顧客接点は「はがき」……“昭和っぽかった” マーケティングを AI でデジタル化するカルビーの挑戦 

「ポテトチップス」「かっぱえびせん」などのスナック菓子が長年にわたって消費者に支持されているほか、「フルグラ®」などの健康を支援する食品もヒットし続けているカルビー。昨今はさらなる成長に向けて IT 活用に注力しており、2019 年度に発表した中期経営計画では、製造、流通、販売といった全工程でデジタルトランスフォーメーション (DX) を進め、生産性を高めることを戦略の柱に据えている。...続きを読む

Empowering Governments – 政府におけるデジタルトランスフォーメーション推進について 

新内閣発足以来デジタルトランスフォーメーション (DX) が注目されています。その様な中、そもそも国民へのどのようなサービスがデジタルを使って提供されるべきなのか (されると良いのか) についてマイクロソフトが国内外を通じて得た知見を元にご紹介いたします。...続きを読む

「データ活用」で進化するプロセス製造業、情報の一元化がもたらす新たな可能性 

化学製品、石油、金属、ガラス、鉱物などを扱う、いわゆるプロセス製造業において、新たな発展を目指してDX (デジタル トランスフォーメーション) に取り組む動きが進んでいます。...続きを読む

いよいよ本格化するプロセス製造の DX、課題解決のカギを握るデータ活用 

コロナ禍を契機に DX (デジタル トランスフォーメーション) を加速する機運が産業界で高まっています。こうした中、化学製品、石油、金属、ガラス、鉱物などを扱う、いわゆるプロセス製造業では、社会や市場の変化とともに日増しに深刻化する業界の課題を乗り越えるために、デジタル技術による変革に取り組む動きが本格化してきました。自動車や電子機器などさまざまな部品を集めて組み立てるディスクリート製造業とは、特性が大きく異なるプロセス製造業ですが、変革を進めるうえでの大きなカギを握っているのは、ディスクリート製造業と同様に「データ活用」です。...続きを読む