コンテンツへスキップ

マイクロソフト業界別の記事

Recent Posts

AI が製造業の改革を後押し — 各社事例をご紹介 

どの産業時代にも共通して言えることは、勝者となる可能性が最も高かったのは変化にうまく対応できた企業だということです。古くは蒸気機関や内燃機関に始まり、電気、マイクロプロセッサの開発へと続きますが、現在の人工知能の開発も例外ではありません。...続きを読む

IoT Signals エネルギー レポート: 透明性が高く安価で持続可能なエネルギーの活用 

再生可能エネルギーの利用の増加、レジリエンスの課題、持続可能性の懸念が今日のエネルギー産業を混乱させています。新しいテクノロジが、エネルギーを調達、保管、供給する方法を促進しています。IoT を活用すれば、物質世界について新しいインサイトを得て、効率の高いプロセスの最適化と構築、エネルギーの浪費削減、具体的な消費量の記録を実現できます。...続きを読む

産業用 IoT のオープン性を推進する 4 つの方法 

このブログでは以前も、産業用 IoT (IIoT) の “オープン性” に対するマイクロソフトの姿勢について取り上げ、その 4 つの要素をご紹介しました。”オープン性” は以前から、マイクロソフトにとっての中心的なコンセプトとして、さまざまなプラットフォームをつなぐ数百の製品やサービスの力となり、プラットフォーム間でのシームレスなデータ移動を後押ししてきました。しかし、具体的にこの戦略がどのように実行に移されているのかという点に多くの関心が寄せられるようになったのは、つい最近になってのことでした。...続きを読む

DX 時代の業界課題に向き合う――医薬品部会、SAP ジャパン、日本マイクロソフトのキーマンが徹底議論 

さまざまな産業においてデジタル変革が進むいま、ヘルスケア業界も例外ではありません。同業界はデジタル化にあたって、GxP を含むガイドラインへの対応とバリデーション手法が、業界特有の共通課題として浮上しています。事業運営に欠かせない基幹システムのプラットフォームとして広く採用されている「SAP ERP」は、2025 年にメインストリーム保守が終了します。「SAP S / 4HANA」への移行を含む「モダナイゼーション」を、いかに成し遂げていけばよいのか――。...続きを読む

裁判所の民事訴訟手続きの IT 化において Microsoft Teams を採用 

最高裁判所 が推進する、民事訴訟手続きの IT 化において、マイクソフトのクラウドサービス「Office 365」のコラボレーションツール「Microsoft Teams (マイクロソフト チームズ)」が採用されました。2020 年 2 月から 9 か所、2020 年 5 月頃から 5 か所の裁判所で取り扱われる民事訴訟事件の争点整理から Teams が活用されることになります。民事訴訟事件の争点整理で、Teams が活用されるのは世界初となります。...続きを読む

わずか2時間でアイデアをアプリに― DXハッカソンから見えてきた行政手続デジタル化の可能性 

政府が行う行政手続は、約5万8,000種類、手続件数にして年間21億件という膨大な業務量に達しています。このうち年間10万件に満たない中小規模の手続が5万7,000種類以上もあるのが、現在の行政の実情です。...続きを読む

マイクロソフトのオープンな IIoT アプローチが製造業者の俊敏性を高める理由 

Azure IoT Suite を 2015 年に発表 (英語) するまでにも、IoT のビジネス価値を最大限に引き出すことができるよう製造業者を支援していたマイクロソフトは、エンタープライズにおける数十年に及ぶ経験を基に、瞬く間に産業用...続きを読む

OPC UA がマイクロソフトのオープンな 産業用 IoT のアプローチを補完する仕組み 

インダストリー 4.0 の出現によって製造業界が変化しており、競争力を維持するためには、異なるデータ ソースを持つ複数の工場およびプラントを接続することが必要不可欠になっています。製造業では、自社開発のテクノロジやサイロ化されたデータによる制約をこれ以上許容できなくなっています。...続きを読む

マイクロソフトが参画する流通業界のIT標準化活動 

Smarter Retailing Forum とは (スマーター・リテイリング・フォーラム) は、流通業におけるユーザー企業と IT ベンダー企業の協業による IT 技術の標準化推進を活動目的として、2004 年に設立されたオープン フォーラムです。標準技術策定活動を実施する技術協議会 (OPOS 技術協議会および .NET 流通システム協議会) と同仕様普及推進のためのオープン コミュニケーションを実施するフォーラム メンバーによって構成され、2018 年 時点で国内約 500 社の企業が参加する大規模なフォーラムとなっています。さらに Smarter Retailing Forum では、日本小売業協会 (JRA) や全米小売業協会 (NRF)、Object Management Group (OMG) といった国内外の業界団体や、各種標準化委員会と連携して活動を行い、IT 技術の標準化メリットの最大化を強力に推進していきます...続きを読む

未来を書き換える: シミュレーションベースの デジタル ツイン 

前回のブログ記事では、デジタル ツインを取り巻く状況がここ数年でどれほど劇的に変化したかを確認しました。 また、デジタル ツインにおいて最新かつこれまでで最も楽しみなクラスとして、シミュレーションベースのデジタル ツインについてもご紹介しました。...続きを読む

パートナー ソリューション カタログ の公開 

製造業にとって重要なテーマの一つ、それは、いかに迅速に「製品のサービス化」を進め、顧客に新たな価値を提供するかということです。そのためには、製造工程だけではなく、フィールドサービスや物流、販売といったサプライチェーン全体、さらには従業員の働き方、エネルギー利用に関する変革も欠かすことができません。...続きを読む