コンテンツへスキップ

マイクロソフト業界別の記事

Posts

ビジネス変革を見据えた製造業 DX、データモデル「CDM」の強化で基礎を整備 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ ~ 第 7 回 データを活用してビジネスモデルにおよぶ企業の変革を進める「デジタル トランスフォーメーション (DX)」。この概念を実践し、新たな競争力を身に着けることは、ポスト コロナを企業が生き抜くうえで不可避という認識が製造業に広がっています。これとともに重要性がクローズアップされているのが、ものづくりのバリューチェーンから集めたデータを活用する仕組みです。...続きを読む

現場で鍛えた ICT を活用する局面へ「先人の知恵」を生かして製造業 DX を加速 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ ~ 第 6 回 「ポスト コロナ」を見据えて DX (デジタル トランスフォーメーション) 戦略を強化する動きが製造業で広がっています。迅速な変化を迫られている中、有利な形で DX を推進するうえで重要なポイントとして見逃せないのが「先人の知恵」です。先行する企業の経験やノウハウを生かすことで、効率よく進めることができるはずです。実は ICT ベンダーが提供する商品やサービスが、こうした利点を提供する可能性を秘めています。...続きを読む

PHR 分野におけるヘルスケア リファレンス アーキテクチャーの発表 

デジタル トランスフォーメーションによるヘルスケア変革をさらに加速させるためには、提供されるテクノロジーとソリューションにも業界特化性が求められます。マイクロソフトは、ヘルスケア業界に特化したクラウドベースの技術基盤とヘルスケア業界向けにサービスを提供するパートナーとの技術・開発連携により、ヘルスケア業界に最適化された市場施策を展開していきます。急激な少子高齢化が進む中、社会保障制度の持続性を確保するためには、健康寿命の延伸に向けた取り組みを進める事が重要です。生活者ごとに健康・医療に関する情報を電子記録し、把握する仕組みであるパーソナル ヘルス レコード (PHR) が整備され、生活者が医療機関や自治体等とともに活用することで、健康寿命の延伸に役立てることが可能です。...続きを読む

製造業 DX は確実に加速、柔軟な姿勢で多様なエコシステムを構築 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ~ 第 5 回 DX (デジタル トランスフォーメーション) にいち早く取り組んでいる機械要素部品メーカーとして注目を集める THK。同社が推進する DX にまつわる先進的なプロジェクトの指揮を執る執行役員 IOT イノベーション本部 本部長 坂本卓哉氏へのインタビューの後半では、DXを巡るトレンドや同社の今後の展開について話をしていただきました...続きを読む

PHR の課題と目指すべき姿 ~ ヘルスケア リファレンス アーキテクチャーによってもたらされる医療の未来 ~ 

ヘルスケア業界のデジタルトランスフォーメーションにおいて、個人の健康・医療・介護に関する情報を一元的に保存する PHR (Personal Health Record) の果たす役割が大きな注目を集めています。この度、日本マイクロソフトはヘルスケア情報の取り扱いで要求される各種ガイドラインに準拠したクラウドベース技術をリファレンス アーキテクチャーとしてパートナー企業に提供し、システムやデータの最適化とイノベーションの加速を支援することを発表しました。第 1 号として PHR に関する業界特化型ソリューションを提供したのは TIS 株式会社。...続きを読む

「DX は成長戦略の大きなチカラ」、大胆な取り組みを着々と展開 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ~ 第 4 回 ポスト コロナを見据えて DX (デジタル トランスフォーメーション) を重視する動きが製造業において活発化してきました。コロナ禍によって大きな打撃を受けたことで製造業が抱えていた本質的な課題が、改めて浮き彫りになったからです。これによって、これまで必要性を認識していながらも、喫緊の課題と捉えていなかった経営者や現場で、DX に本腰を入れる動きが出てきたようです。こうした中、いち早く DX への取り組みを開始した企業の動向が注目を集めています。その中の1社が、THK です。...続きを読む

Microsoft Digital Manufacturing Summit: マイクロソフトと共に切り拓く、力強くそして持続可能な未来 

本日は、6 月 24 日 ~ 25 日に公開された、マイクロソフト初めての開催となる Microsoft Digital Manufacturing Summit をご紹介します。マイクロソフトのグローバル コミュニティが参加し、私も深く関わっている本イベントでは、この混乱の時代を切り抜けるために欠かせない、工場のアジャイル化を加速しサプライ チェーンの回復力を強化するためのベスト プラクティスとイノベーションを、30 以上のオンデマンド ウェビナー、製品デモ、バーチャル ラウンドテーブルを通してご覧いただけます。本サミットはどなたでも無料でご参加いただけます。まだ登録がお済みでない方は、こちら (英語) からぜひご登録ください。...続きを読む

先行する製造現場の DX に素早く追随、最適な筋書きを浮き上がらせる 5 つのメニュー 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ~第 3 回 製造業にかかわる企業にとって、効率的かつ合理的に DX (デジタル トランスフォーメーション) を進めることは、目下の最大の課題です。それを解決するための有力なソリューションとして、マイクロソフトは「リファレンスアーキテクチャ」を活用することを提案しています。世界の動向に合わせてアップデートを続けながら進化する「リファレンスアーキテクチャ」は、ものづくりの仕組み全体を網羅したうえで、今後の展開も視野にいれた、効果的かつ効率的な DX のアプローチを提供するために編み出されたものです。...続きを読む

医療データの共通基盤づくりに挑む―佳境を迎えた ePath プロジェクトが医療の質向上に示す可能性 

医療の質の均てん化や品質向上は、医療界における長年の課題です。この課題を解決すべく、クリニカルパスの考え方や仕組みを活用して、電子カルテシステムから臨床データ、中でもプロセスデータを効率よく収集し、これを解析する基盤を整えるプロジェクトが進行しています。...続きを読む

現場が“腹落ち”する製造業 DX、手戻り最小限で速やかな変革 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ~ 第 2 回 新型コロナウイルス感染がもたらした非常事態が沈静化した後に訪れる産業界の「ニューノーマル」。これを見据えて、製造業の現場で DX (デジタル トランスフォーメーション) を加速する機運が高まってきました。この一方で、IoT や AI など DX のけん引力となる革新技術と、実際の現場における課題が結びついておらず、なかなか DXが進まないという声は少なくありません。こうした現場が、主体的かつ効率的に DX を実践するためのソリューションとして、マイクロソフトは「リファレンスアーキテクチャ」の活用を提案しています。...続きを読む

コロナ禍で加速する製造業 DX、的確かつ迅速な「現場」の変革が不可避に 

特集: 加速する製造業の変貌 ~ポスト・パンデミックのDX実践アプローチ~ 第 1 回 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、製造業においてデジタル トランスフォーメーション (DX) を加速する機運が世界全体で高まってきました。収束後の「ニューノーマル」を見据えた的確な DX 戦略を進めることは、今や、製造業の経営層にとって最大の課題と言えるでしょう。しかも、世界の動きに取り残されないように、取り組みのスピードアップも求められます。こうした状況に直面しているものづくり企業の経営層や現場に向けて、マイクロソフトが積極的に展開しているソリューションが「リファレンスアーキテクチャ」です。...続きを読む

医療データは「皆が体験できる世界」へーAzure API for FHIR を活用した未来とは 

医療情報交換、管理の国際標準規格である FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources) は、医療分野の IT 化を進める重要な基盤として注目を集め、米国を中心に標準規格として整備されつつあります。マイクロソフトは 2019 年にAzure API for FHIR の一般提供を開始し、マネージドクラウドサービスで FHIR のネイティブサポートを提供する最初のベンダーとなりました。日本リージョンもリリース間近の Azure API for FHIR を用いた取り組みと、未来の医療情報のあり方について、帝京大学医療情報システム研究センター教授 澤 智博 氏にお話を伺いました。...続きを読む