コンテンツへスキップ

マイクロソフト業界別の記事

Recent Posts

地方自治体におけるデジタル トランスフォーメーションを推進する新たなクラウドサービス ソリューション「Cloud PARK」 – 京都電子計算株式会社 

「AI 手書き文字認識サービス」リリースからわずか 3 か月で、自治体からの 100 近い商談を受け、 18 団体への導入と高い注目を集めた理由には、自治体における現場課題を的確にとらえた、サービス提供の仕組みがありました。...

続きを読む

「脱・自前主義」でたどり着いた役所のAI サービス – 株式会社三菱総合研究所 

株式会社三菱総合研究所 (以下 MRI) は、多くの自治体が持つこのような課題の解決に向けて、2016 年度から AI を活用したサービスの開発に着手。2018 年 2 月~ 3 月にかけて、全国 35 自治体の協力を得て行った実証実験結果を踏まえ、2018 年 10 月からチャットボットによる住民問い合わせ対応サービスの提供を開始しました。...

続きを読む

人口減少に対して教育がどのような役割を担うか~ ICT を武器に挑む、「消滅可能性都市」からの脱却 – 石川県加賀市 

近年、人口減少問題はさまざまな地方自治体において「待ったなし」の共通課題だ。これを打開するため、加賀市では「市の活力向上のためには人材育成に投資すべき」という加賀市長の信念のもと、「加賀市人口減少対策アクションプラン」を策定し、2014 年から 5 年の期間をかけて人口減少対策に取り組んでいる。計画の最終年度となる 2019 年、加賀市長の宮元 陸氏に取り組みの重要性とビジョンについて話を聞いた。...

続きを読む

“地味に面倒” な文字起こしの手間を 1/5 に大幅削減した音声テキスト化サービス – 株式会社メディアドゥ「Smart書記」 

徳島県庁では「徳島発! AI 要約サービス」に株式会社メディアドゥによって開発、提供された音声自動文字起こしサービス「Smart書記」を採用し、2018 年 10 月より本格運用を開始しました。これにより徳島県では議事録作成にかかる時間が 1/5 まで削減され、県民に向けた定例記者会見のテキスト公開までにかかる日数も大幅な短縮を実現しました。...

続きを読む

「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか 」セミナー資料ダウンロード 

2019年4月22日(月)東京、4月25日(木)大阪にて開催されました、ハノーバーメッセのRecap(復習)セミナー「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか―ハノーバーメッセ2019に見る先進事例と将来像」の資料をこちらからダウンロードいただけます。...

続きを読む

ハノーバー メッセ 2019 で見たインテリジェント マニュファクチャリングの未来 

マイクロソフトは、メーカーが今日直面する課題やチャンスに対応し、顧客や従業員、および社会それぞれについてより良い成果を達成できるよう支援する発表をいくつか行い、この発表を通して自身のミッションをハノーバー メッセで表明しました。...

続きを読む

トヨタ マテリアル ハンドリング グループが、AI や IoT などのテクノロジを活用し、フォークリフト、工場、サービス、物流のデジタル トランスフォーメーションを実現 

トヨタ マテリアル ハンドリング グループ (TMHG: Toyota Material Handling Group) は、世界最大のフォークリフト製造会社です。同社のお客様は、倉庫用の運搬車や機器の他にも様々なものを必要としています。こうしたニーズに応えるため、グローバルに事業展開する同社は、デジタル イノベーションおよび有名なトヨタの主義であるリーンで効率的な製造方式を元に、物流ソリューションを拡張し、充実させています。...

続きを読む

臨床現場における Microsoft Azure および Mixed Reality 技術の事例と展望 

臨床現場における Microsoft Azure および Mixed Reality 技術の事例と展望について、Holoeyes 株式会社共同創業者 COO で東京大学先端科学技術研究センター 客員研究員の杉本真樹 医師をお迎えし、日本マイクロソフト株式会社 (以下、マイクロソフト) 医療・製薬営業統括本部 事業開発担当部長 清水教弘とともにお話を伺いました。...

続きを読む