コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

マイクロソフトでは、世代交代、顧客の期待の変化、競争の激化、金融システム以外の代替サービスなど、金融サービスが直面する課題を認識しています。 急激に変化する世界では、進むべき道を簡単には決定できません。

新たな競争相手の出現は、どの道を進むべきか決定することをより難しくしています。なぜなら、新規参入者は根本から異なる発想を持っており、これまで「正統」と見なされてきた方法に挑み、ルールを書き換えていくからです。 これまで他の業界でも同様の現象が見られてきました。Airbnb や Uber など、いくつかのユーザーフレンドリなアプリやうまく設計されたプラットフォームによって、宿泊業界やタクシー業界に劇的な変化がもたらされることをだれが予測できたでしょうか。 また、収入の 7 割以上を広告に依存していた歴史の長い新聞業界が、Craigslist や eBay などによって大打撃を受けると予想できたでしょうか。

これらの予期せぬ事態が業界全体を劇的に再編し、まったく新しい秩序を確立しました。 このような変化が生じるとき、最も力のある者が必ずしも生き残るわけではなく、最も迅速に順応できる者、まだ収益が見込める既存のビジネスでも進んで再考できる者が生き残るのです。

銀行は、特に 4 つの面で競争圧力を受けています。

  • 力をつけてきた新しい世代。 ミレニアル世代は、これまでの世代より明らかに起業家精神に富んでいます。 彼らは自分の資産を自分で管理したいと考えており、セルフサービス モデルを受け入れることに抵抗を感じません。 通説に疑問を投げかけ、汎用的な物の考え方を拒否し、独自のソリューションを進んで構築しようとします。
  • シンプルで直感的なエクスペリエンス。 完全にモバイル化されたアプリケーション指向型の世界で、顧客はシンプルであることを求め、構造的な非効率性に直面すると決して満足しません。 オンデマンドで、統合された、干渉しないサービスを求めます。 一貫性があり、直感的で、有意義なエクスペリエンスを期待します。
  • 銀行以外の新規参入者。 Facebook、PayPal、Apple などのテクノロジ企業が、かつて銀行の独占領域であった金融サービスを扱う製品を提供しています。 アドホックなデジタル ウォレットからリアルタイム決済まで、業界の境界があいまいになり、伝統的な銀行の領域が犯されるという事態が新たな現実となっています。
  • フィンテックの台頭。 クラウドで生まれ、規制上の要件や従来のコストによる制約が少ないフィンテックの立ち上げは、既存の銀行にとって特別な課題となっています。 より良いカスタマー エクスペリエンスを提供しながら、一方で金融サービスの最も収益が高い領域を狙っています。 極端な場合、フィンテック ソリューションは、ビットコインのように、通貨制度から完全に独立したサービスを提供することもあります。これらは、銀行の必要性に疑問を投げかけています。

イノベーションのために金融サービスでお客様にパワーを与えることは、マイクロソフトが果たすべき重要な使命の 1 つです。私たちは、このような変革に困難が伴うことを理解していますが、その先には素晴らしい見込みがあることも信じています。 マイクロソフトの取り組みには、銀行の未来を定義するツールを使用してビジネス アジリティを実現する、斬新な方法でテクノロジを利用することが含まれます。

信頼されるテクノロジ パートナーとして、業界のノウハウとエンタープライズ グレードのソリューションの両方を提供します。 マイクロソフトは、その企業がデジタル トランスフォーメーション ロードマップのどこに位置していようとサポートすることができます。

@msftfinservフォロー