コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

東京タワー周辺ランドスケープ

デジタル技術の進展により急激に変化した現代社会において、多くの企業・組織が、新たな働き方への対応やリモートワーク環境への早期移行、セキュリティ対策、膨大なデータの保管など、さまざまな課題に直面しています。
官公庁・公共機関においてもその例外ではなく、働き方改革の推進により、デジタル化、クラウド化への転換が待ったなしとなりました。

マイクロソフトでは中央省庁で働く皆さまにむけて、テレビ (オンライン) 会議からクラウドの基本理解や DX 事例まで、いつでも視聴できるウェビナーを無償で公開しています。

【公開中のウェビナー】
1: Microsoft Teams を使って在宅勤務・テレワークを行うための 3 つのステップ
(第 1 回) Step 1 Microsoft Teams とは? 編 (約 10 分)
(第 2 回) Step 2 Microsoft Teams のセットアップ編 (約 25 分)
(第 3 回) Step 3 Microsoft Teams の設定編 (約 11 分)
2: 安全なテレワーク環境の早期構築を実現する Windows Virtual Desktop (約 18 分)
3: Microsoft Teams を使ったはじめてのテレビ会議 (約 15 分)
4: テレワーク・クラウド時代のセキュリティ対策の考え方 (約 16 分)
5: クラウド活用方針の基礎 ~オンプレミスを含めた現実解~ (約 14 分)
6: 基礎から学ぶクラウド (約 13 分)
7: 世界中の政府機関・防衛組織でコストの最適化や省人化を実現するSystecon (約 12 分)
8: Circadence で実現するサイバー セキュリティ人材育成 (約 13 分)
9: HoloLens とAI/IoTを駆使してエキスパート技術が必要な現場の協業を実現 (約 15 分)
10: オープンソース・Web インテリジェンス分析ソリューション、Cobwebs (約 11 分)
11: Palo Alto Networks の仮想版ファイアウォール (約 11 分)
12: クラウドセキュリティの課題解決ソリューション Trend Micro Deep Security (約 14 分)
13: Red Hat on Azure 注力ソリューション (約 14 分)
14: クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」(約 11 分)
15: 文書管理システムについての考え方とアプローチ (約 22 分)
16: リモートワーク時代の新定番、安全快適な認証基盤の構築法 (約 13 分)
17: 導入運用コストを抑えて Azure に、O365 に、セキュアにハイパフォーマンスで接続 (約 15 分)
18: 渋谷区の事例からみる DX の進め方 (約 10 分)
19: 地理情報を最大限に活用できるプラットフォーム「ArcGIS」(約 16 分)
20: 地方公共団体向けクラウドサービス「NEC公共IaaS」のご紹介 (約 9 分)

1: Microsoft Teams を使って在宅勤務・テレワークを行うための 3 つのステップ (全 3 回)

在宅勤務やテレワークのニーズが高まり、中央省庁のお客さまからテレワークを行うための仕組みについて、多くのお問い合わせをいただいています。Microsoft Teams は、Microsoft 365 に含まれている、働く人々が「どこにいても」「より生産性を高める」ことができるように設計されたツールの総称で、テレワークを実現するためのツールの 1 つとしてご利用いただくことが可能です。いつでも、どこからでも、その時に必要な「人」や「情報」につながることができます。
このウェビナーでは 3 つのステップにわけて、Microsoft Teams をつかって在宅勤務・テレワークを行うための手順をご紹介します。
Step 1 では「Microsoft Teams の概要」、Step 2 では「Microsoft Teams の環境構築方法」、Step 3 では「Microsoft Teams でテレビ(オンライン)会議を行うための設定方法」について確認することができます。

(第 1 回) Step 1 Microsoft Teams とは? 編 (約 10 分)

Microsoft Teamsを使って在宅勤務・テレワークを行うための3つのステップ Step1 Teamsとは編

ご参加はこちら

■ 説明

このウェビナーでは Microsoft Teams で利用できるさまざまな機能についてご紹介します。
Microsoft Teamsでは、テレワークに必要な テレビ会議や、関係者とのチャット、音声通信、ファイル共有・共同編集が可能です。実際に Microsoft Teams を使って生産性、創造性向上を目指した働き方改革に取り組んでいる日本マイクロソフトや、Microsoft Teams が区役所内のコミュニケーション ツールとして定着している渋谷区の事例も交えながら、具体的な活用方法をご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・テレワークをする際に、Microsoft Teams を活用してどんなことができるかがわかります

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・まずは急いでテレビ会議の環境を準備したい
・Microsoft Teams を利用してテレワークへ移行したい

(第 2 回) Step 2 Teamsのセットアップ編 (約 25 分)

Microsoft Teamsを使って在宅勤務・テレワークを行うための3つのステップ Step2 Teamsのセットアップ編

ご参加はこちら

■ 説明

実際にMicrosoft 365 E1 のデモ画面を使いながら、ライセンスの入手やユーザー ID の作成など Microsoft 365 を利用してMicrosoft Teams をセットアップする方法についてご紹介します。

・Microsoft 365 の利用開始
ライセンスを入手する(購入する・試用版を開始する)、必要事項の入力、ユーザー ID の作成(一括登録)、セットアップ

【このウェビナーのポイント】
・ウェビナーをみながら簡単にMicrosoft Teams を使う準備を行うことができます

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・Microsoft Teams を利用するために必要なセットアップ方法を知りたい

(第 3 回) Step 3 Microsoft Teams の設定編 (約 11 分)

安全なテレワーク環境の早期構築を実現する Windows Virtual Desktop

ご参加はこちら

■ 説明

Microsoft Teams の機能のなかでも特にニーズの高い「オンライン会議」の設定方法をご紹介します。実際にデモ画面を使いながら「外部の方を招待してオンライン会議を行う」際の設定方法、および会議の招待方法を詳しくご紹介します

チーム、メンバーの管理方法については、以下の動画をご確認ください。
参考動画はこちら

 

【このウェビナーのポイント】
・ウェビナーをみながら簡単に Microsoft Teams で会議の設定を行うことができます

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・Microsoft Teams を利用してオンライン会議を行うための設定を知りたい

2: 安全なテレワーク環境の早期構築を実現する Windows Virtual Desktop (約 18 分)

Microsoft Teamsを使って在宅勤務・テレワークを行うための3つのステップ Step1 Teamsとは編

ご参加はこちら

■ 説明

Windows Virtual Desktop とは、働き方改革として注目されているテレワークを実現する IT 環境の選択肢の 1 つで、クラウド上で実行されるパブリッククラウド型のデスクトップおよびアプリの仮想化サービスです。
このウェビナーでは、テレワーク環境を構築する必要性や整備における課題を挙げながら、マイクロソフトが提供する Windows Virtual Desktop ならではのメリットや、利用方法についてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・すばやく安全なテレワーク環境をつくるためのポイントが理解できる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・仮想デスクトップを使用して短期間、適切なコストでテレワーク環境を構築したい

3: Microsoft Teams を使ったはじめてのテレビ会議 (約 15 分)

Microsoft Teamsの活用 テレビ会議編

ご参加はこちら

■ 説明

テレワーク環境を提供する Microsoft Teams の機能のうち、ニーズの高いテレビ会議(オンライン)の使い方や、テレビ会議の際に便利な機能をご紹介します。Microsoft Teams 環境がすでにお手元にある方は、ご自身の画面を見ながらご覧ください。

【このウェビナーのポイント】
・テレビ会議の使い方を理解できる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・Microsoft Teamsを利用してテレビ会議を行う方法を知りたい

4: テレワーク・クラウド時代のセキュリティ対策の考え方 (約 16 分)

テレワーク・クラウド時代のセキュリティ対策の考え方

ご参加はこちら

■ 説明

テレワークによるテレビ(オンライン)会議やクラウド サービスの利活用が急速に普及・拡大する中で、従来の情報セキュリティの考え方やポリシーが原因で、業務に支障をきたす場面が増えてきています。このウェビナーでは、現在の社会情勢における情報セキュリティの目的と課題を踏まえた、テレワーク・クラウド時代のセキュリティ対策の考え方の基本をご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・テレワーク・クラウド時代のセキュリティ対策の考え方の基本が学べる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・情報セキュリティ対策の基本を知りたい

5: クラウド活用方針の基礎 ~オンプレミスを含めた現実解~ (約 14 分)

クラウド活用方針の基礎 オンプレミスを含めた現実解

ご参加はこちら

■ 説明

政府情報システムにおいてもクラウドの活用が推奨されており、クラウドの活用は多くの組織で検討が必須となっています。このウェビナーでは、実際のクラウド検討事例なども交えながら、情報システム担当者がまず知っておくべき内容についてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・クラウドの活用についての基礎情報を得られる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・クラウド活用を検討するにあたり必要な基礎知識を学びたい

6: 基礎から学ぶクラウド (約 13 分)

基礎から学ぶクラウド

ご参加はこちら

■ 説明

これからの社会を担う情報システムにおいて、クラウドの活用は欠かせないものになっています。どういった情報システムであれば国民により良いサービスを提供できるのかを念頭に置き、総合的な検討を進めていく必要があります。このウェビナーでは、クラウドが登場した背景やクラウドの種類など、クラウドの基礎についてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・クラウド検討にあたり考慮すべきポイントがわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・クラウドの基礎について学びたい

7: 世界中の政府機関・防衛組織でコストの最適化や省人化を実現する Systecon (約 12 分)

世界中の政府機関・防衛組織でコストの最適化や省人化を実現するSystecon

ご参加はこちら

■ 説明

世界中の政府機関や防衛組織では、設備や装備品のライフサイクル管理の徹底を図る為、AI やクラウド技術の利用を推進しています。Systecon の Opus Suite はライフ サイクル管理を実現するソフトウェアやコンサルティング サービスを提供しています。 このウェビナーでは、ペンタゴンで 50 億ドルのコスト削減をした実績あるソリューションをご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・ Opus ソリューションの概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・AI やクラウド技術の利用によりコスト削減をしたい

Systecon 製品カタログ ダウンロードはこちら (PDF)
Opus Suite は、分析と意思決定をサポートするためのツール セットです。技術システムのライフサイクルのすべての側面とフェーズを総合的に管理し、意思決定がパフォーマンスとコストに与える影響を予測し、評価することができます。このカタログでは、Opus Suite を提供するベネフィットやツールについてご紹介します。

8: Circadence で実現するサイバー セキュリティ人材育成 (約 13 分)

公共機関向けソリューション Circadence で実現するサイバー セキュリティ人材育成

ご参加はこちら

■ 説明

世界中の政府機関や防衛組織では、AI やクラウド技術を利用したサイバー レンジ ソリューションを活用し、サイバー セキュリティの人材育成を進めています。このウェビナーでは、世界中で活用されている次世代サイバー レンジ ソリューション Circadence の Project Ares ソリューションをご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・Project Ares ソリューションの概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・実践的な学習を通じ高度なセキュリティ人材を育成したい

 

公共機関向けソリューション Circadence corporation Project Ares カタログ画像

Circadence カタログ ダウンロードはこちら (PDF)
Circadence は、企業、政府機関、学術機関のセキュリティ上の課題に対処するために、人工知能とカスタム コンテンツを活用したサイバー レンジ ソリューションとサイバー セキュリティ学習プラットフォームを提供しています。このカタログでは、Project Ares の機能概要や現在のサイバー セキュリティ トレーニング業界における課題や、これからの業界課題に対する解決策をご紹介します。

9: HoloLens と AI/IoTを駆使してエキスパート技術が必要な現場の協業を実現 (約 15 分)

HoloLens と AI/IoTを駆使してエキスパート技術が必要な現場の協業を実現

ご参加はこちら

■ 説明

次世代の働き方改革を世界でリードする Taqtile は、HoloLens を用いて AR 技術を駆使し、デジタル OJT やノウハウの共有を実現できる、Manifest ソリューションを提供しています。このウェビナーでは、Manifest ソリューションの概要とデモを用いてご説明します。

【このウェビナーのポイント】
・Manifest ソリューションの概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・AR 技術を駆使してデジタル OJT の実現やノウハウを共有したい

 

公共機関向けソリューション Taqtile株式会社 Manifestカタログ画像

Taqtile 製品カタログ ダウンロードはこちら (PDF)
Taqtileの Manifest は、スキルの習得とワーク指導のための産業用AR ソリューションです。このカタログでは、どこからでもリアルタイムで知識にアクセスできる Manifest の高い接続性や活用シーンについてご紹介します。

10: オープンソース・Web インテリジェンス分析ソリューション、Cobwebs (約 11 分)

オープンソース・Web インテリジェンス分析ソリューション、Cobwebs

ご参加はこちら

■ 説明

イスラエル発の Cobwebs ソリューションは、世界中の政府・セキュリティ機関にて、オープンソース・Webインテリジェンス分析に活用されています。Cobwebs のツールにより、調査、分析、モニタリングが可能になり、重要なインテリジェンスを元にした計画・対応ができるようになります。このウェビナーではデモを交えて世界中で活用されていて、日本の中央省庁でも実績がある Cobwebs ソリューションをご説明します。

【このウェビナーのポイント】
・Cobwebs ソリューションの概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・AI 技術を用いて Web 上で検索・分析・モニタリングを行いたい

 

Cobwebs 製品カタログ ダウンロードはこちら (PDF)
Tangles は、オープンソース、ディープ Web、ダーク Web、SNS、ブログなどのデータ
を収集・分析するツールとして、Cobwebs のインテリジェンスおよびセキュリティ分野のエキスパートによって設計された Web インテリジェンス プラットフォームです。
このカタログでは、Tangles の特長や機能についてご紹介します。

11: Palo Alto Networks の仮想版ファイアウォール (約 11 分)

Palo Alto Networks の仮想版ファイアウォール パロアルトネットワーク株式会社

ご参加はこちら

■ 説明

オンプレミス・クラウド環境を問わず展開可能な Palo Alto Networks の次世代ファイアウォールは、分散したデータに対してネットワーク境界を再定義し、ゼロトラスト ネットワークを実現するとともに、高度な可視化・脅威防御機能によって、あらゆる攻撃からデータを保護します。このウェビナーでは、Palo Alto Networks 次世代ファイアウォールの概要紹介、Microsoft Azure ネイティブのネットワーク セキュリティ機能との比較、Azure 環境でのご利用方法についてのご案内を致します。

【このウェビナーのポイント】
・仮想版ファイアウォールの利用方法や機能がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・クラウド環境でも展開可能なネットワーク セキュリティを知りたい

 

公共機関向けソリューション パロアルトネットワークス株式会社 クラウド セキュリティソリューション カタログ画像

Palo Alto Networks 製品カタログ ダウンロードはこちら (PDF)
Palo Alto Networks は高度なセキュリティ機能で、パブリッククラウド・ハイブリッドクラウド環境も高度なセキュリティを実現します。このカタログでは、Palo Alto Networks の特長やVM – Series 構成例をご紹介します。

12: クラウド セキュリティの課題解決ソリューション Trend Micro Deep Security (約 14 分)

クラウド セキュリティの課題解決ソリューション Trend Micro Deep Securityのご紹介 トレンドマイクロ株式会社

ご参加はこちら

■ 説明

「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針」を鑑み、Azure への移行をご検討中の方は多いかと思います。クラウドへ移行する際、重要なのは、共有責任モデルに基づき、ユーザー責任範囲のセキュリティ対策をしっかり行うことです。
このウェビナーでは、弊社に寄せられるクラウドにおけるセキュリティ課題を、Trend Micro Deep Security がどのように解決できるかをご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・Trend Micro Deep Security の概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・クラウドのセキュリティ課題と解決方法を知りたい

 

公共機関向けソリューション トレンドマイクロ株式会社 Trend Micro Deep Security カタログ画像

Trend Micro 製品カタログ ダウンロードはこちら (PDF)
Trend Micro Deep Security は、不正プログラム対策に加え、IPS/IDS (侵入防御) など複数の機能を備えた総合サーバー セキュリティ製品です。このカタログでは、Trend Micro Deep Security の特長を詳しくご紹介します。

13: Red Hat on Azure 注力ソリューション(約 14 分)

Red Hat on Azure 注力ソリューション レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部

ご参加はこちら

■ 説明

今後、Azure をはじめとするクラウド上でアプリケーション開発運用のメイン ソリューションとなるコンテナ技術において、Red Hat OpenShift はすでに 1,000 社以上の導入実績があります。 このウェビナーでは、コンテナ技術導入のメリットと Red Hat OpenShift の特徴とご紹介するとともに、マイクロソフト社との共同ソリューションであるコンテナのマネージド サービスや、Azure 上で利用可能な Red Hat 製品ポートフォリオも合わせてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・Azure上で実行できるRed Hatの注力ソリューションがわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・コンテナ技術導入のメリットを知りたい

 

公共機関向けソリューション レッドハット株式会社 Azure Red Hat OpenShift カタログ画像

Red Hat 製品カタログ ダウンロード (PDF) はこちら
Azure Red Hat OpenShiftは、Red Hat とマイクロソフトが共同で設計、運用、サポートを行うコンテナ プラットフォームです。コンテナ ホストのクラスタ管理ソフトKubernetes を拡張し、CI/CD の支援機能や長期間の保守サービス、脆弱性対応を実現します。このカタログでは、Azure Red Hat OpenShift の特長を詳しくご紹介します。

14: クライアント運用管理ソフトウェア 「SKYSEA Client View」(約 11 分)
クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」 のご紹介

公共機関向けソリューション クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client Viewのご紹介

ご参加はこちら

■ 説明

SKY が開発する SKYSEA Client View は、PC の運用管理とセキュリティ対策を行うクライアント運用管理ソフトウェアです。オンプレミス環境での利用に加えて、Azure 上に SKYSEA Client View の各種サーバーを構築でき、インターネット経由でのIT資産の運用管理、ログ収集、ソフトウェア配布、USBメモリ利用制限、リモート操作も可能です。このウェビナーでは、さまざまな課題の解決を支援する SKYSEA Client Viewの機能を操作画面や利用例を交えて詳しくご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・SKYSEA Client View の機能がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・運用管理ソフトウェアを導入し IT 資産の一元管理や情報漏洩対策を行いたい

 

公共機関向けソリューション SKYSEA Client View カタログ画像

SKYSEA 製品カタログダウンロード (PDF) はこちら
SKYSEA Client View は、PC の運用管理とセキュリティ対策を行うクライアント運用管理ソフトウェアです。このカタログでは、SKYSEA Client View の特長や主な機能、Microsoft 製品のアップデート支援についてご紹介します。

15: 文書管理システムについての考え方とアプローチ (約 22 分)

文書管理システムについての考え方とアプローチ AvePointJapan株式会社

ご参加はこちら

このウェビナーでは、「なぜ、文書は見つかりづらくなるのか」 という根本的な疑問から論を起こし、タクソノミー (分類) を取り入れた文書管理システムのメリットについて説明します。「利用者が意識しないまま、正しい行動を取ることを楽にする」 をコンセプトに構築されている AvePoint の DMS (文書管理システム) の具体的な機能、期待できる効果についてもご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・AvePoint の DMS (文書管理システム)の概要や効果がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・文書管理システムのメリットを知りたい

 

公共機関向けソリューション AvePointJapan株式会社 AvePoint の行政文書管理ソリューション カタログ画像

AvePoint 製品カタログ ダウンロード (PDF) はこちら
AvePointの行政文書管理ソリューションは、Microsoft の文書管理ツールSharePoint/SharePoint Online のドキュメント管理機能面を強化します。このカタログでは、AvePoint の行政文書管理ソリューションの特長や主な機能、導入事例をご紹介します。

16: リモートワーク時代の新定番、安全快適な認証基盤の構築法 (約 13 分)

セキュアなアプリケーションとアクセスソリューション F5ネットワークスジャパン合同会社

ご参加はこちら

■ 説明

急激に拡大したリモートワーク環境では、単純な VPN トンネルだけではなく、組織が必要とするさまざまなアプリケーションに対して、正しい役割の正しいアクセスを提供することが求められています。同時に、クレデンシャル (ID やパスワード) の保全、不正利用の防御、組織のルールに未準拠なクライアント端末の接続制限、VPN、VDI、多数の SaaS アプリとの統合的なシングル サインオン、基幹システムなどのカスタム アプリケーションへの適切なアクセスなど、利便性向上とセキュリティ確保の両立に向けて多くの課題が存在します。
これらの複雑な課題をまとめてシンプルに解決できるのが、F5 APM と Azure AD連携による認証認可基盤です。本ウェビナーでは、 私たちを取り巻く環境とその解決方法についてご説明します。

【このウェビナーのポイント】
・F5 APMとMicrosoft Azure AD 連携による認証認可基盤の概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・リモートワーク環境における課題とその解決方法を知りたい

 

公共機関向けソリューション F5ネットワークスジャパン合同会社 セキュアなアプリへのアクセスソリューション カタログ事例

F5ネットワークス製品カタログ ダウンロード(PDF)はこちら
F5 APMとAzure AD を連携させることで、クラウドとオンプレミスのアプリをまとめる認証基盤を完成させることができ、どんなアプリにもシンプルかつ安全にアクセスすることが可能となります。このカタログでは、特長と 2 つの事例を紹介しています。

17: 導入運用コストを抑えて Azure に、Microsoft 365 (旧称 O365) に、セキュアにハイパフォーマンスで接続 (約 15 分)

導入運用コストを抑えて Azure に、M365 (旧称 O365 ) に、セキュアにハイパフォーマンスで接続

ご参加はこちら

■ 説明

多くの組織でテレワークの導入や、業務効率化のため Microsoft 365 の導入、Azure Cloudへの IT システム移行が始まっています。そんな昨今、Azure と組織内ネットワークをつなぐためにはどのようにしたら良いのか、マイクロソフトのソリューション パートナー 128テクノロジーが開発したセッション・スマート・ネットワーキングによる、Azure と組織内ネットワーク、Microsoft 365 (旧称 Office 365)を始めとする SaaS への通信を安全に効率よく簡単に導入するソリューションをご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・Azure と組織内ネットワークをつなぐ方法がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・Azure や SaaS と安全に低コストで接続したい

 

公共機関向けソリューション 128テクノロジー・ジャパン合同会社 128T セッション・スマートTM ルーター カタログ画像

128 テクノロジー製品カタログ ダウンロード (PDF) はこちら
128テクノロジーは、セッション・スマート™と呼ばれる仮想ネットワーキングの新しいモデルに基づいて、お客さまのデジタル革新を強力にサポートします。このカタログでは、主な特長について説明しています。

18: 渋谷区の事例からみる DX の進め方 (約 10 分)

公共機関向けソリューション 渋谷区の事例からみる DX の進め方 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

ご参加はこちら

■ 説明

これまでデジタル化が遅れていた官公庁においても、働き方改革の推進により、デジタル化・クラウド化への転換が大きく進んでいます。災害・感染症への対策、事業の持続化といった理由からも、今後ますます、場所や時間にとらわれずに迅速なビジネスを遂行できる環境づくりが不可欠となることが予想されます。
このウェビナーでは、渋谷区の事例を交えて、シトリックスとマイクロソフトの協業ソリューションである Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop についてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・Citrix Cloud for Windows Virtual Desktopの概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・導入事例をもとにデジタル化推進のポイントが知りたい

 

公共機関向けソリューション Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop カタログ画像

Citrix Systems 製品カタログ ダウンロード (PDF) はこちら
安全で柔軟なビジネス基盤を提供する とマイクロソフトのソリューション Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop は、多様な働き方と次世代の行政サービスを推進し、利用者である住民の満足度向上を実現します。このカタログでは、Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop の特長や職員の働き方改革と住民サービス向上を実現した渋谷区の事例をご紹介します。

19: 地理情報を最大限に活用できるプラットフォーム「ArcGIS」 (約 16 分)

地理情報を最大限に活用できるプラットフォーム ArcGIS ESRI ジャパン株式会社

ご参加はこちら

■ 説明

ArcGIS は、GIS の製品群の総称で、GIS 機能/地図サービスを提供するクラウド サービス/サーバー製品と各種 GIS アプリケーションから構成されます。ArcGIS を組織のプラットフォームとして導入することで、多種多様な地理情報をさまざまな業務に活用することでき、迅速な状況把握、合理的な意思決定、業務の効率化などのメリットを享受できます。
このウェビナーでは、ArcGIS に関する基本的な情報、ArcGIS の利用分野や活用事例、サーバー製品 ArcGIS Enterprise の特長や機能、利用支援サービスなどについてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・ArcGIS Enterprise の特長や機能、利用支援サービスがわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・地理情報を業務に活用して共有された地図や情報にアクセスしたい

 

公共機関向けソリューション ArcGIS Enterprise カタログ画像

ESRI 製品カタログ ダウンロード (PDF) はこちら
あらゆる公共事業、合理的な政索立案、住民への情報公開などに地域の地理空間情報は欠かせません。位置情報や森林・河川などの地理情報の利活用は今後のサービス向上につながります。このカタログでは、ArcGIS Enterprise の特長や主な機能、活用事例をご紹介します。

20: 地方公共団体向けクラウドサービス「NEC公共IaaS」のご紹介 (約 9 分)

オープンソース・Web インテリジェンス分析ソリューション、Cobwebs

ご参加はこちら

2019 年に日本政府が発表した「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」に基づき、デジタル ガバメントの実現を支える環境整備が推進される中、地方公共団体のデジタル化を推進する上でもクラウド化が予測されています。
このようなニーズに対し、Azure Stack Hubをベースとした、地方公共団体専用のクラウドIaaSサービスの提供を開始いたしました。このウェビナーでは、市場動向とサービス概要についてご紹介します。

【このウェビナーのポイント】
・地方公共団体専用のクラウドIaaSサービスの市場動向とサービス概要がわかる

【以下のようなお悩みをお持ちの方はぜひご覧ください】
・クラウドIaaSサービスの市場動向・社会動向を知りたい