コンテンツへスキップ
マイクロソフト業界別の記事

モニターを見ながらオンライン ゲームをプレイする男性

PlayFab の最新ロードマップ アップデートをご紹介します。皆様からのフィードバックをお待ちしています。フォーラムの機能リクエスト セクション (英語) では、コミュニティ上から皆様のアイディアを、投稿、コメント、および投票することができます。問題についてはは当然優先的に対応させていただくため、今後もフォーラム上のバグ セクション (英語) にて皆様が発見した問題を共有してください。いつもサポートいただき感謝いたします。

注: マイクロソフトでは、お客様のゲームの開発と運用をサポートするための PlayFab をご利用いただけるよう、ロードマップをよりオープンにするよう取り組んでいますが、実際のソフトウェア開発では、このロードマップ アップデートに含まれる機能やタイミングが変更される可能性があります。この更新プログラムは現時点での計画となっており、機能とタイムラインは変更される可能性があります。

現在または開発中のタイトルで PlayFab を使用しているゲーム クリエーターの皆様からのご意見もお待ちしています。このロードマップで、成功に不可欠と思われる機能や、詳細を知りたい機能が見つかった場合は、ぜひお知らせください。

Azure PlayFab Roadmap Update July 2021

新機能 (4 月の最後のアップデート以降)

この四半期に PlayFab マルチプレイヤー サービスとゲーム マネージャーがいくつか新しくなりました。

  • PlayFab マルチプレイヤー サービスの使用量とコストを見積もるのに役立つよう、月額料金を概算するためにMPS 計算ツール (英語) をご利用いただけるようになりました。Party コスト見積もりツールも同じくメインの価格ページ (英語) からご利用いただけます。
  • 3 月下旬、Multiplayer Servers の新しいビルド ページに、プロセス ベースのサーバーの有効化、既存のゲーム サーバー アセットの追加・削除、読み取り専用アセットの有効化、ストリーミング アセットのダウンロードの有効化などの UI を含む、多くの新機能が追加されました。
  • また、3 月に PlayFab Multiplayer Servers (MPS) のゲーム マネージャー エクスペリエンスが更新され、評価モードの無料枠内で利用する場合と、無料枠以外でサーバーを利用する場合の予想コストが明確になりました。無料枠で利用できる仮想マシンやネットワークについては、「PlayFab Multiplayer Servers 2.0 の課金」ドキュメント (英語) を参照してください。
  • ゲーム マネージャー内の MPS のクイック スタート ドキュメントを改良し、更新しました。「PlayFab でのマルチプレイヤー」の下の概要に関するドキュメントをご覧ください。

昨年、PlayStream (ゲーム イベント パイプライン) を、 Azureマネージド サービスによって最新のクラウド ネイティブ アーキテクチャに移行しました。現在、PlayStream は、Azure Kubernetes Service (英語)、Event Hubs (英語)、Cosmos DB (英語) を利用しています。Playfab自身のアーキテクチャの最新化は、通常、ロードマップでお伝えしないかもしれませんが、今回の変更によりお客様である皆様に対しても、大幅なコスト削減と信頼性の向上をもたらすことができました。この取り組みの詳細については、「PlayFab’s PlayStream now powered by Azure」(Azure を利用するようになった PlayFab の PlayStream (英語)) をご覧ください。

ゲーム マネージャーにいくつかの新しいチュートリアルを追加しました。

Game Stack Live (英語) が 4 月に開催され、PlayFab に特化したすべての講演を録画し、オンデマンドで利用できるようにしました。

PlayFab Party へ追加された最新の機能は、Party のテキスト モデレーションです。モデレーションを使用すると、ゲーム コミュニティでのいじめや悪質行為を大幅に減らし、平均プレイ時間とプレイヤーのリテンションを高めることができます。Party のテキスト モデレーションは、たった1 行のコードで有効化できます。

進行中の機能

開発に取り組んでいる機能をご紹介します。次のリストは、PlayFab ロードマップの概要であり、現在取り組んでいる最も重要な機能です。このリストは包括的なものではなく、どこに重点的に取り組んでいるのか可視化することを目的としています。なお、これらの機能は投稿した時点での計画であり、今後の利用可能な機能が変更される可能性がありますので、注意してください。
現在、プレビューにはいくつかの主要なサービスがあります。

  • Azure Functions の統合– これは現在の CloudScript ソリューションに代わるものです。Azure Functions を使用する CloudScript は、新しい言語 (C# を含む) のサポートと、Visual Studio および Visual Studio Code でのローカルデバッグを提供します。Azure Functions はパブリック プレビューに含まれます。。
  • ユーザー生成コンテンツ (UGC)– プライベート プレビューのお客様からフィードバックを受け、パブリックプレビューのために、UGC をはじめとするエコノミー v2 API のクリーンアップと準備に取り組んでいます。UGC は、間もなくのパブリック プレビューが予定されています (2021年9 月予定)。
  • PlayFab マッチメイキング– 現在パブリック プレビューで利用できますが、統計とプレイヤー属性に基づいてプレイヤーのマッチングを改善できるように設計されています。ぜひチェックしてみてください。
  • イベント サンプリング– プライベート プレビューで利用できるようになりました。これにより、PlayStream とテレメトリの取り込みをより細かく制御しコスト削減をすることができるようになりました。イベント サンプリングの詳細にご興味がある方は、Microsoftの担当者にお問い合わせいただくか、
    myplayfabam@microsoft.com までお問い合わせください。

免責事項

PlayFab は、標準のサービスやオファーとしてご提供する前に、お客様に対して、プレビュー プログラムの形式で最新情報と新機能を提供し、ご評価いただくことができます。プレビューの使用条件は、Microsoft Azure プレビューの使用条件をモデルにしています。

待機中の機能

  • PlayFab マッチメイキング– チケットのステータスをポーリングしないようにするためのリアルタイム通知の追加と新しいロビー機能の統合に取り組んでいます。今年後半のプライベート プレビューをターゲットにしています。
  • ロビー– マルチプレイヤー体験を向上させるため、参加可能なロビーの検索など、プレイヤーを一時的にグループ化できる新機能。これには、メンバー プロパティのほか、ゲームプレイの調整に使用するロビー プロパティと検索プロパティが含まれています。今年後半にプライベート プレビューを予定しています。
  • ランキング v2– 前回のアップデートでお知らせしたとおり、ランキング v2 は一部のお客様によるプライベート プレビュー段階ですが、直近のフィードバックにより、他のより重要な機能領域を優先することにしました。2022 年の初めに統計とランキング v2 の開発に再び取り組む予定です。
  • エコノミー V2– 残りのエコノミー v2 (プレイヤーのインベントリとウォレット、最も人気のあるマーケットプレースでの領収書検証、バンドル、ストアなど) は、2022 年春のパブリック プレビューとしてリリースすることを目標としています。
  • セグメンテーション– 引き続きセグメントをサポートするため、固定のプレイヤーリストで構成されるセグメントをより簡単に定義できるようにします。
  • エクスペリメント– お客様のゲーム体験の検証と展開を行うためのサービスとして、エクスペリメントを位置づけています。お客様のコンピューター アカウントとお好みの周期を使用したスコアカードをより柔軟に生成できるようにしながら、皆様のお好きなデータストアで、生のスコアカード データを管理できるようにしていく予定です。
  • BYO データ ストレージ– PlayStream とテレメトリ イベントを自分のストレージ アカウントに書き込む機能が導入されます。

PlayFab を使用して構築してくださっているゲーム クリエーターの皆様に感謝いたします。みなさんの協力が必要です。ぜひフィードバックをお寄せください。次回のロードマップ アップは、2021 年 10 月の予定です。